location: ホーム矯正歯科治療歯列矯正日記>歯列矯正日記2006年3月

歯列矯正日記2006年3月

歯列矯正日記2006.3.28

保定用のマウスピース装着から1ヶ月経過。
付け忘れや取り外しの面倒もあり、歯の裏側から接着材料で留めてしまう事に。
これならばマウスピースを付け忘れてしまっても歯が動いてしまう心配はありません。

ただ、留める部分は前歯6本の裏側だけなので、奥の歯が動かないように夜寝る時はマウスピースを装着します。

私の場合はワイヤー装着期間7ヶ月。マウスピース装着期間が2ヶ月。
トータルで9ヶ月間。以上で矯正を終了しました。今後は保定期間が数年必要とされます。

成人の場合は子供に比べて歯の後戻りする率が高いといわれています。
その確率を少しでも低くする為には、保定期間が最も重要とされます。
マウスピース(保定用)は6ヶ月~2年間位は使用し、3ヶ月~6ヶ月に1度歯科医院での定期健診を受けていく事になりました。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。