location: ホーム矯正歯科治療歯列矯正日記>歯列矯正日記2005年6月

歯列矯正日記2005年6月

矯正日記2005.6

歯並びに対してコンプレックスがあったわけではないけれど、“矯正してみよっかな”っていう急な衝動にかられ、今月から矯正を始める事に。

身近に矯正経験者が数名おり、皆やってよかったという感想を持っていたので不安もなく軽い気持ちで決心してしまいました。
装置を付けてからは、食事が取りづらく苦労するとの事なので、まずは沢山美味しい物を食べ納め。

矯正日記2005.6.27

本日矯正装置Set。
歯1本1本にブラケットという四角形の装置を付け、形状記憶合金のワイヤーを通しました。

ブラケットは半透明のプラスチックの材質。ワイヤーは初回なので一番細いもの。
これは銀色ですが細い為、見た目の違和感はほとんどなし。

ブラケットの厚みが2~3mmあるので口唇がひっかかり出っ歯になった感じ。
初めは口元の動きがぎこちなくなります。

痛みはさほどなく、ワイヤーで歯全体をしめつけられているような圧迫感がある。
気になっていた食事は、多少取りづらいものの特に問題なし。

矯正日記2005.6.28

痛っ。何もしなくてもジンジンする痛み。
仕事中も、何かに集中している時は大丈夫だけど、常に矯正の事ばかり考えてしまいます。

予想以上に大変なのが食事。
とにかく歯を噛み合わせると痛いので、2~3日はおかゆ、ヨーグルト、お豆腐、とろろ、バナナのつぶしたもの...etc 噛まずに食べられる物のみ。悲しい...。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。