location: ホームお役立ちQ&A矯正治療のトラブル&デメリット>Q.歯を抜く矯正だとすき間ができやすくなる

Q.歯を抜く矯正だとすき間ができやすくなる

Ans.歯並びが悪い人で、小臼歯を抜いて矯正した場合には、往々にして、歯と歯の間に隙間が残ることがあります。

それは、歯の大きさと顎の長さを計ってから歯を抜くのに、どんなケースでも小臼歯を抜けば、あまりは並びのひどくない患者様なら、抜いたスペースが大きすぎて、隙間が余ってしまうので、歯列のカーブを小さくしてつじつまを合わせようと、歯を内側に倒そうとしてしまいますが、それでは今度は噛み合わせが悪くなってしまうのです。

そこで、歯並びのそんなに悪くない場合には、抜く歯を小臼歯ではなく、より小さな前歯にしようとして前歯を1本だけ抜いたりすれば、今度は左右が非対称な歯並びになってしまいます。

このように歯を抜いて矯正治療することには、色々と問題点が生じてしまうのです。

一方、歯を抜かないで矯正するやり方では、歯を外側に広げるか、後方に動かして歯を並べるために矯正後にすき間が出来ることはありません。