location: ホームお役立ちQ&A矯正治療のトラブル&デメリット>Q.歯を抜くか抜かないかを患者様の希望で決める医院は要注意

Q.歯を抜くか抜かないかを患者様の希望で決める医院は要注意

Ans.最近では歯を抜かない矯正治療がかなり流行っているので、患者様の中には、歯を抜かないのなら、矯正治療をしてもいいという方も多いです。

歯医者の方でも、患者様が歯を抜きたくないのなら、歯を抜かないで治療しましょうかというように、抜歯非抜歯についての治療の決定権を患者様に決めてもらうクリニックがあります。

歯科の治療においては、患者様の意見を聞いて、お互いが納得して決めなければいけない項目も多々あります。

例えば、ワイヤーの色はメタルでいいのか、セラミックにするのか、表からの矯正か裏からの矯正か、など色々患者様に決めていただかなければなりませんが、歯を抜いて矯正するか歯を抜かないで矯正するかは、噛み合わせの正しい判断に基づいて行うべきであって、患者様に決めてもらうような、美容的な問題だけではありません。

といいますのも、歯を抜いて矯正するか歯を抜かないで矯正するかでは、噛み合わせの高さにおいても大きく異なってくる重要なことなのです。

当クリニックでは、噛み合わせの考え方から歯を抜かないで矯正していきますが、「私は歯を抜いても構わないので、抜いて矯正してください」と言われても、噛み合わせ的に責任が持てないので抜歯矯正はお断りしています。

それは、歯を抜いて行う矯正治療は、私の考える噛み合わせのゴールと異なってしまうからなのです。

ブラケットをメタルにしますか、セラミックにしますかというのと、歯を抜いて矯正しますか、それとも歯を抜かないで矯正しますかというのでは、同じ質問でも、話の次元が全然違ってくるのです。

従って、治療するクリニックの先生の考えで、抜歯か非抜歯か決めているのか、患者様の意見で抜歯か非抜歯かを決めているのかは、はっきり確認しておいた方がいいでしょう。