location: ホームお役立ちQ&A矯正治療のトラブル&デメリット>7.デメリットの説明不足によるトラブル

7.デメリットの説明不足によるトラブル

矯正治療というのは、歯や歯周組織に負荷をかけて歯を動かしていきますので、それに伴うデメリットも発生してきます。それは歯医者の技術の問題である場合と不可抗力の場合とありますが、とにかくデメリットのリスクが存在していることは事実です。

患者様に「自分のクリニックで治療を受けてもらいたい」という気持ちが強くなると、「臭いものにフタ」をするようにデメリットの説明を省いてしまいます。

矯正治療をするかしないかの最終判断は患者様が下すことですから、歯科医師はその為の判断材料としてのメリットデメリットを客観的に知らせてあげる義務があります。

矯正のデメリット

1)歯槽骨(あごの骨)が減少する

歯を動かすことにより、土台であるアゴの骨にも負担はかかりますので、歯槽骨が少しは減ってきます。

 多くの場合、それが歯の寿命を短くしたり、問題が生じたりする類いのものではありませんが、歯の部分によっては、少しは食べ物が詰まりやすくなることもありますが、大抵の場合は気になる程のことではありません。

2)歯茎の退縮

1)とも関係しますが、歯槽骨が減少すれば、それに伴い歯茎も痩せてくることもありますが、歯槽骨の厚みには個人差があり、ほとんどの場合には目に見えたような歯茎の退縮はないものですが、特に前歯の歯槽骨が薄い場合には前歯の歯茎が退縮する可能性があります。

3)歯根の吸収

硬い骨の中で硬い歯を動かしていきますので、1)の歯槽骨が吸収していくのと同じように、歯根にも吸収が生じる可能性があります。

4)歯髄の切断

歯を動かしていく際に、歯の中の神経が歯の動きについていけない場合に、その歯の神経が死んでしまう場合があります。

奥歯は大きく動かすことは難しいので、歯髄が切断されることは少ないですが、前歯で移動量が大きな場合や、成人で歯髄が細い場合などには、歯髄切断が生じることがまれにあります。

矯正治療には、上記のようなデメリットの可能性もあり、メリットばかりではないことを十分考えられた上で、矯正治療をされるかどうかをご判断下さい。

一般的に言いまして、上記のデメリットの低い可能性に比べれば、治療後の多くのメリットの方が断然多く、治療後には多くの患者様が喜ばれ、矯正して良かったと感じられることとは思いますが、あまりにも過度な期待をされていたり、一切のデメリットを受け入れられない患者様には、矯正治療に対して、再度考え直されることをお勧めいたします。

矯正治療は途中で治療を中止したり、転院することが難しいので、治療を決断される前に十分ご注意下さい。