location: ホームお役立ちQ&A矯正治療のトラブル&デメリット>6.増加する床矯正難民

6.増加する床矯正難民

最近の矯正相談でよくある相談が、長年床矯正をしているが、一向に治らないという相談です。床矯正という治療は、入れ歯のような取り外し可能の矯正装置で、安く簡単に治療できるということで今ブームになりかけています。

この床矯正という治療方法自体に問題があるというのではなく、矯正治療の経験の少ない歯科医師が、何でもかんでも床矯正治療で治そうとするから、床矯正難民が急増しているのです。

私自身、この床矯正方法を自分の治療にも取り入れているので、この治療法の長所も短所も十分に把握していますが、決して全ての患者様に治療できる方法ではないのです。

床矯正治療法を行う場合には、患者様の適応症をきちんと選択しなければ大きなトラブルになってしまうのです。

多くの矯正専門医は、床矯正治療を邪道扱いしてワイヤー矯正よりワンランク下の治療のように思っているのは、こういう何でもかんでも床矯正で治療する姿勢に対してではないかと思います。

床矯正治療が今のような普及の仕方を続けていけば、床矯正治療=低レベルの治療という図式になりかねません。

安い、簡単という理由だけで、治療を決断するのはどんなものかと考えさせられてしまいます。

患者様からのメール

36歳 男性

現在別の矯正歯科で、床矯正の治療を受けておりますが、治療が上手く行かないこともあり、最近は逆切れされることが多くなって参りました。付きましては、セカンドオピニオンを頂戴したく、一度はお伺いしたいと考えております。宜しくお願い致します。