location: ホームお役立ちQ&A矯正治療のトラブル&デメリット>3.抜歯矯正と法令線

3.抜歯矯正と法令線

Q.抜歯矯正をして、顔の法令線が目立つようになり、老けた顔になってきたのですが……

Ans.抜歯矯正をされた方からのお問い合わせで一番多いのが、顔の法令線が目立つようになってきたということです。
抜歯矯正の最大のメリットは、横から見た顔をE-Lineの中におさめることですので、上顎の骨格が内側に入っていきます。

そうなれば、横顔の口元は内側に入りますが、その結果正面から見た顔は、内側に入れば当然、法令線は目立つようになります。
特に、もともとの歯並びのデコボコの程度が重度でない方が、抜歯矯正で前歯と上顎の骨格を大きく内側に入れれば、必要以上に皺のように老けたイメージを感じてしまう場合があります。

抜歯矯正によって横顔を大きく中に入れるということは、当然そのデメリットも考慮してご判断いただかなければ、あとで「こんなはずでは……」という結果にもなりかねません。