location: ホームお役立ちQ&A矯正治療Q&A>Q.矯正治療の期間は歯科医院によって違うのですか?

Q.矯正治療の期間は歯科医院によって違うのですか?

Ans.以前、某有名女流作家が矯正治療をして、テレビでそのことについて話をしていましたが、二、三年で治療が終わると言われたのに、結局五年も治療にかかってしまったとグチっていました。

当クリニックでも、三年後に留学を考えていて、治療期間は二、三年と言われたのに三年経っても全然終わりそうもなく、担当の先生にいつ終わるのかを聞いても、まだ分からない、と言われ留学に間に合わないので、今からこちらで治療してもらえないかという患者様が来院されたことがありました。

矯正治療は、一般的に、二、三年の治療期間だと言われていますが、実際には五年も七年も治療が続いたという話や、今まで一番長かった人の話では、10年も矯正装置をつけていたという人がいました。

私のクリニックでは、ほとんどの患者様の治療が一年ぐらいで終了しているので、五年も七年も患者様がよく我慢してくれるなと感心してしまいます。

治療期間に差がでる要因としては、治療方法が違うことと、患者様がこちらの指示通りに治療に協力してくれない場合のことがあります。

治療期間が短いということは、患者様からするととても望ましいことですが、治療期間は短いけれど治療結果は不十分、では何の意味もありません。

患者様は、前歯の見た目は自分で理解できますが、正しい噛み合わせに関しては理解できないので、前歯だけきれいにされて、早く治療を終了されたら悲惨です。

ですから、治療期間が短いということがいい治療であるということではないので、十分に気をつけて下さい。

正しい噛み合わせになっているかどうかの目安として、体調の変化を考えてみるのが一番分かりやすいと思います。

治療の終了時に、治療前よりいろいろな不快症状が良くなっている場合は、その噛み合わせが体に正しく適応して機能していると思っていいでしょう。