location: ホームお役立ちQ&A矯正治療Q&A>Q.保定について

Q.保定について

Ans.矯正治療では歯を動かすことが終わっても、そこで安心することができないのが歯医者泣かせのことなのです。

やっとの思いできれいな歯並びを作っても、そのまま放っておくとあっという間に歯は元のように動いてしまうのです。そのために歯を元に戻さないようにするために保定していかないといけません。

保定の方法としてはいくつか方法があります。

1.歯の裏側から見えないようにワイヤーと歯科用の接着剤で固定する方法

ワイヤー写真

この方法は患者さんにとってはつけっ放しでよく一番楽な方法ですが、デンタルフロスをできないため、お手入れ的に不十分になったり、いつの間にかとれている部分があっても気付かずに少し動いてしまう可能性があります。この方法は前歯には有効ですが、奥歯には使用できません。

2.薄いマウスピースを装着する

マウスピース写真

歯を動かす為の物ではなく、その位置で歯を止めておくマウスピースを使ってもらいます。このマウスピースは全ての歯を動かさないようにできていますが、長い時間装着しないと歯は動いてしまうため、患者さんの使用時間によって保定効果は全然違ってきます。

3.入れ歯のような装置

ホーレーのリテーナー写真

これはホーレーのリテーナーと言って一般的な保定装置です。マウスピースと同様に長い時間装着しないと効果はないので、患者さんの協力によって保定の効果も違ってきます。

 どの保定装置にも長所と短所もありますので、初めの歯並びの状態や患者さんの性格などによって使い分けることが大切になってきます。