location: ホームお役立ちQ&A矯正歯科医院の選び方>Q.矯正専門医院と一般の治療も行っている歯科医院ではどちらがいいのですか?

Q.矯正専門医院と一般の治療も行っている歯科医院ではどちらがいいのですか?

Ans.一般的に言いまして、矯正専門医院の方が、矯正装置、器具などの情報やテクニックにおいて優れている場合が多いです。

しかし、矯正治療というものが、長年、見た目の美しさのみを追求してきたために、正しい噛み合わせについての理論の習得が不十分な先生も多いのです。

一般の治療もする歯科医院(一般の医院と呼ぶことにします)でも、噛み合わせの考えが不十分な人は多くいます。

矯正の専門医の先生の中にも、一般医の先生の中にも、噛み合わせ治療の素晴らしい先生はいます。ですから、噛み合わせの知識が同じだとすれば専門医の先生の方がいいと思います。

結論としましては、矯正の技術も大切ですが、それ以上に、正しい噛み合わせ理論を持っているということが一番大切になってくるのです。

では、正しい噛み合わせ理論があるかないかをどうやって判断するかということになるのですが、それは、治療を受けた方の感想を聞くのが一番確実です。けれど、そういう人がいない場合は、何件か治療相談にまわって、納得のいく説明をしてくれる所を捜すべきです。

以前は矯正治療というものは、専門的に勉強した先生のみが行なえる特殊な技術のように思われてきました。

 ところが、現在では、一般の医院でも矯正治療を行なっているところが急速に増えてきました。

美容的なことだけが注目されていた昔と違って、顎関節症の治療、噛み合わせ治療の一手段として、矯正治療なしでは考えられない現在では、どの歯科医院でも矯正治療を避けて通れない時代が来ているのです。

一概にどちらがいいとは言えないので、一般論として、専門医と一般医のメリットとデメリットをあげていきたいと思います。

まず、専門医の先生は大学などで矯正のみについて勉強していたのですから、矯正器具、材料、ワイヤーの曲げ方などのハード面に関しては、一般医よりも知識が多いです。

一方、矯正のみを勉強していたので、普通の治療は行なえず、他の治療は、矯正治療後に一般医の先生に依頼しなくてはいけません。

仮に矯正治療までが正しく治療できたと仮定しても、その後に被せたりする治療が必要な場合、その治療を行なう先生が矯正治療を行なった先生と同じ噛み合わせの考えを持っていない場合、今までの矯正治療が台無しになってしまうこともあります。

逆に一般医の先生で、噛み合わせの知識は十分あるのに矯正の技術がないために、他の矯正専門医を紹介せざるを得ない場合、自分の意図する噛み合わせの治療とは違う噛み合わせを作られると、今後、患者様に矯正治療を勧められなくなったり、矯正治療はしない方がいいですよと言わざるを得なくなります。

一般医の先生の中には、矯正治療に否定的な意見の先生がいます。そういう先生は、すごく噛み合わせを勉強していて、従来の矯正治療に多くの疑問を抱いている先生と、全然噛み合わせの知識のない先生の両極端にわかれます。

一般医の先生に矯正治療してもらえるメリットは、治療の開始から終了まで、全ての責任がその先生にあるのですから、何か不都合があった時はその先生に責任をとってもらえるというということです。

噛み合わせの知識に関しては、矯正専門医でも一般医でも、勉強している人と勉強していない人の格差は大きいので、どちらの方が確実だということは言えません。

一番怖いのは、噛み合わせの知識の少ない一般医が、見よう見まねで矯正治療を行なうことだと思います。

アメリカのように各治療ごとに専門医を持つことと、日本のように包括的に全ての治療を行なうことは、双方ともに、メリットとデメリットがあるので、長年議論され続けています。

矯正専門医、一般医に関係なく、“噛み合わせの知識”“矯正治療の知識と技術”“人間性”の三点の合計点が高い人ほど、いい先生だと思います。