location: ホームお役立ちQ&A当クリニックの矯正治療法Q&A>Q.従来の治療方法と南青山デンタルクリニックの治療方法では具体的に何が違うのですか?

Q.従来の治療方法と南青山デンタルクリニックの治療方法では具体的に何が違うのですか?

Ans.

1.親知らず以外の歯を抜かない

矯正治療の相談に行くと、歯を数本抜かなければいけないと言われて、抵抗を持つ人は少なくないと思います。

顎の大きさに比べ歯の大きさが大きいので、残念ですが、小臼歯を抜いて歯をきれいに並べましょうと言われます。

この歯を抜く方法が長年正しいとされてきたので、この方法に異論を唱える人の方が少数でした。

しかし、歯並びをきれいにするためとはいえ、歯を抜くことによる弊害が注目され始め、歯を抜かずに矯正治療をする方法を選ぼうという風潮が矯正歯科の中でも高まってきています。

歯を抜くから悪い治療で、歯を抜かないからいい治療だという簡単なものではありません。顎の位置を正しい場所に安定させる柱が歯なので、正しい位置がわからずに治療していけば、どちらの方法で治療しても患者様の満足する治療にはならないでしょう。

2.一年ぐらいで治療が終了する

当クリニックでは、他の歯科医院で二、三年かそれ以上治療期間がかかると言われた人も一年ぐらいで治療が終了しています。

これは、歯を抜かないことと、正しい噛み合わせに対する明確なゴールがしっかりしているからです。

歯を抜くことで正しい噛み合わせを作るには、多くの時間が必要になってくるのです。

また、正しい噛み合わせを作ることなく、見た目の歯並びだけをよくする治療でしたら、治療期間はいくらでも短くできますが、それでは本末転倒になってしまいます。

当クリニックでは正しい噛み合わせのゴールがしっかりしているために、治療の終了を自信を持って告げられるのです。

3.体調の不快症状が改善される

当クリニックでは、見た目の歯並び以上に、体調の不快症状の改善を目的として矯正治療を行なっています。

体調が改善されるということは、機能的にも、理想的な位置で力の関係が保たれていると考えられます。

噛み合わせ以外の原因で、頭痛、肩こり、首の痛み、生理痛など、いろいろな不快症状が生じることもありますが、多くの患者様は、治療後に体調の改善を喜ばれているので、これらの症状にはとても深い関わりがあると考えられています。

4.模型上できれいに噛むことではなく、口のまわりの筋肉の軌道上に歯を並べかえることを常に考えている

従来、治療後にきれいに並んでいる歯型によって、矯正の成功、不成功は語られてきました。しかしこれでは、顎の動きは一切考えられていないことになります。

今までは、歯が先にあって、筋肉の方をそれに合わせるように動かしてきましたが、これでは考え方が逆であり、筋肉の運動で、顎が動き、その軌道の終点として歯をきれいに並べなければならないのです。