location: ホームお役立ちQ&A当クリニックの矯正治療法Q&A>Q.なぜ南青山デンタルクリニックでは歯を抜かずに矯正治療ができるのですか

Q.なぜ南青山デンタルクリニックでは歯を抜かずに矯正治療ができるのですか

Ans.当クリニックでは、前歯の歯並びが悪くなるのは、奥歯の歯並びに問題があるから、結果的に前歯がガタガタになると考えています。

従来は、歯並びが悪いのは、歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪いから前歯が不ぞろいになると考えられ、歯を数本抜いて歯並びを治そうとしてきました。

当クリニックの考えでは、奥歯を正しい位置に並べれば、前歯は自然に正しいきれいな位置に並べられるのです。

歯の並びを平面として判断するか、顎の骨格の一部として立体としてみるかで、治療の考え方が違ってくるのです。

患者様の中には、何件も矯正歯科医院に相談して、「絶対歯を抜かないと矯正治療はできません」と言われたのに、当クリニックで「歯を抜かない」と言うと、混乱して「どうして同じ人間への治療方針が、クリニックによって全然違うのですか?」と怒ってくる人もいます。

私としては、従来の治療方法と当クリニックの治療方法の考え方の違いを説明して、患者様に選択してもらうしかありません。

どちらが正しくてどちらが間違っているということではなく、患者様にとって納得のいく治療方法を選んでもらえればよいと思っています。

それでは具体的に、歯を抜かずにどうやって歯をきれいに並べていくかを説明します。

今までは、歯を抜くことによって余分なスペースを作って、それを利用することによって歯を移動してきました。

従来のやり方は、小臼歯(前から四番目の歯)を抜いて、そのスペースを利用して、前歯六本を後方へ移動させるという方法でした。

この方法では、抜いた歯の後ろの歯は、前方へ倒れないようにそのままの位置を維持するというのが鉄則なのです。

しかし、当クリニックのやり方は、後方の奥歯にこそ、歯並びが悪くなる原因があるので、奥歯を後方へ動かしたり、外側へ広げることによって余分なスペースを作って、前歯を結果的に内側にきれいに並べるのです。

これは、歯と顎のサイズという、二次元的平面で物事を考える発想からきていますが、奥歯の傾いた歯を後方や外側に移動することによって、今まで噛んでいた位置を全く変化させ、噛む筋肉の軌道に歯を持ってくるという、立体的な三次元的な発想によって歯のスペースが作られ、歯を抜かずに治療ができるのです。