location: ホームお役立ちQ&A当クリニックの矯正治療法Q&A>Q.歯を抜かずに矯正治療をするメリットは何ですか

Q.歯を抜かずに矯正治療をするメリットは何ですか

Ans.私も学生の頃は、真ん中の歯(小臼歯)を抜歯して矯正治療をするように学びました。

歯学部生の私ですら、虫歯でもない歯を抜くことにとても抵抗はありましたが、そう教えられたので、そういうものなのだろうと頭の中にインプットされました。

私が勤務医として働いていた頃は虫歯などの全ての治療を行なう一般の歯科医だったのですが、以前に歯を抜いて矯正された患者様たちの虫歯の治療をしていて気になっていたことは、顎関節症の症状がある患者様が多く、後戻りして元のように戻っている人もいて、抜いた歯のすき間が空いたままの人もいたりして、矯正治療というものに少し疑問を抱くようになっていました。

もちろん、歯を抜いて矯正治療をされた患者様の中にもきちんと機能している人も多くいたので、歯を抜くことが問題なのか、それとも、治療を行なった先生に問題があったのかは分かりませんでした。

とにかく、矯正治療というものはとても難しくて、なるべく手をつけないようにしないと患者様に対して責任が持てないなと恐怖心を持っていました。

 そんな折、歯を抜かずに矯正治療をされている先生がいるということで、その先生に師事していって、今の、歯を抜かないで矯正治療を行なう方法で治療を進めていくようになりました。

歯を抜かないで矯正治療をするのは、何よりも患者様に喜ばれますし、顎関節症の症状や体の不快症状がよく治るので、医療行為として自信を持って患者様に勧められます。

近年、従来の矯正治療に対する疑問が多く投げかけられるようになり、歯を抜かない方法の先生の講習会は、いつも満員になっていると聞き、この方法が主流になってくる日も近いことを感じています。