location: ホームお役立ちQ&A> 当クリニックの矯正治療法Q&A

当クリニックの矯正治療法Q&A

Q.矯正治療の真の目的は?

Ans.一般の患者様にとって矯正治療というのは、見た目をきれいにするために行なう治療で、美容整形治療と同じように考えている方が大半であると思われます。

実際、税務署では成人の矯正治療を美容治療として考えていて、原則としては年末の確定申告で医療費控除の対象から外れています。

しかし、当クリニックに限っていえば、外見よりも、頭痛、肩こり、不眠症などの不快な症状を治したくて矯正治療を行う患者様の割合が多いです。

矯正治療はある意味で両刃の剣であります。正しい噛み合わせを作るためにすべての歯を動かすことができるので、噛み合わせ治療の方法として最も有効な方法です。逆にその結果が思わしくない場合は患者様にとって、自然な顎の運動をしいることになり、患者様にとって苦痛が増えてしまいます。

では、何をもって正しい噛み合わせとか、正しくない噛み合わせと判断すればいいのでしょうか。

最近は、一見するときれいな歯並びなのに、詳しく検査すると噛み合わせのズレている患者様が多く見うけられます。

まわりの人や歯医者さんからも「きれいな歯並びですね」と誉めてもらっていたのに、当クリニックで検査をした後に噛み合わせがズレていることを指摘されると、みなさん一様に、信じられないと疑いの表情をします。

こういった患者様には、噛み合わせのズレを説明して頭で理解してもらうことよりも頭痛、肩こり、耳鳴り、不眠症などの症状を取り除くことで、実感としてわかってもらうほうが早い場合があります。

“論より証拠”で、症状が楽になると、驚いて、自分の噛み合わせのズレが体にも悪影響を及ぼしていたことを実感してくれます。

今の現状では、噛み合わせのズレと全身の関わりについてすべてが解明されているわけではなく、不明な点も多くあります。ですから矯正治療でも、外見の美しさやきれいな歯並びを治療目標と考える患者様や歯科医師さえもが大半を占めているのが実情なのです。

矯正治療をする最大の目的はなんといっても、「見た目の歯並びをきれいにしたい」ということでしょう。もちろん見た目はとても大切なことですが、歯並びを治したり、噛み合わせをよくするということは、見た目以外にもいろんなことと関連しているのです。

なんと、噛み合わせは、体の健康とも深くかかわっているのです。

では、噛み合わせが悪いとどんなことが起こるのでしょうか?

1.顎がずれ、顎関節症を起こしやすい

噛み合わせが悪いために、口が開けにくい、顎の関節が「カクッ」と音がする、口を開けた時に、関節の回りが痛む、など顎関節症の障害の原因になります。

2.全身への悪影響が起こりやすい

顎のずれにより、背骨が曲がったり、噛む時に、筋肉に負担がかかりすぎ、肩こり、偏頭痛、首の痛み、耳鳴り、腰痛、や、筋肉の過緊張により自律神経に異常をきたして、倦怠感、浅い眠り、生理痛など様々な弊害が現れやすくなります。

3.咀嚼(そしゃく)障害が起こりやすい

食べ物を十分に噛み砕くことが出来ないために、栄養摂取の効率が悪くなり、それに伴って胃腸を壊しやすくなります。

4.劣等感を抱きやすい

歯並びが悪いことにより、大きく口を開けて笑ったり、喋ったりすることがためらわれ、性格的にも暗くなる人もいます。

特に歯への関心が高まっている昨今、深刻に悩んでいる人はかなり多いです。

5.発音が正しく出来ない

奥歯を噛みしめても前歯が開いてしまう人の場合には、サシスセソなどの摩擦音が出しにくく、英語の発音などには、大きなハンディになってしまいます。

6.虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪いと、歯の周りに汚れがたまりやすく、また、歯ブラシの毛先も届きにくくなります。磨き残した歯の汚れは、虫歯と歯周病の原因になってしまいます。

7.顎の成長に異常をきたす

噛み合わせが悪いために、顎の成長が左右どちらか片方の過成長がおき、顔が非対称になったり、受け口の噛み合わせのために顎がしゃくれた方向に成長していきます。

噛み合わせが悪いと、考えられるだけでも、こういったような問題点が挙げられるので、正しい噛み合わせを作るということはとても大切なことなのです。

Q.矯正の治療期間について

Ans.

矯正の治療期間は一般的に2~3年ぐらいというクリニックが多い。患者様によっては5年近くかかったという人も耳にします。当クリニックではだいたい1年ぐらいで治療が終了しますが、それでもたまに1年半から2年ぐらいかかってしまう人もまれに居ます。この治療期間に差が出る原因はどこにあるのでしょうか。

1.歯を抜くかどうか

当クリニックの矯正治療が1年前後であるということに多くの患者様が驚かれますが、その理由の一つに、小臼歯など大切な歯を抜かないということがあります。

小臼歯などを抜いて矯正治療を行っていく場合、その前後の歯を動かす際に歯が倒れないように注意しながら動かさないといけないので矯正力のかけ方が難しくなってくるのです。しかし当クリニックのように歯を抜かずに治療していく場合には、歯が傾くことは心配しなくていいので、治療期間を大幅に短縮できるのです。

2.噛み合わせの知識がしっかりしているかどうか

矯正治療というのは、全ての歯を動かして、噛み合わせを大きく変えていく治療なので、審美的にも、機能的にも患者様に満足してもらうのは、容易なことではありません。特に機能的に、治療前よりも治療後に不定愁訴が消え、体調が楽になったと実感してもらうには、かなり噛み合わせに精通していなくてはなりません。逆に患者様から治療前よりも体調が悪くなったとか、噛めないとか言われた時に、噛み合わせの知識が乏しいドクターは右往左往して、出口の見えないまま試行錯誤で、時間だけが過ぎていくということになっていきます。

また、噛み合わせがしっかりしていれば将来的な後戻りも少なくなるので、噛み合わせの知識がしっかりしていないと、治療を終了することに必要以上に臆病になってしまい、治療期間を延ばしてしまうことになるのです。(逆に見た目だけきれいになって噛み合わせが悪いことに気づかずに治療を終了してしまう人も中にはいます。)

矯正治療の終了は虫歯の治療と違って、これで終わりという時期は治療する先生の考えかた次第早くも遅くもなるのです。

噛み合わせが不十分なまま早く終了する先生もいれば、もう終了してもいい状態なのに慎重になって治療を続けている先生もいます。

それらはひとえに噛み合わせの知識にどれだけ自信があるかどうかのちがいによります。

3.症例数を多くこなしている

同じ治療方法で、同じ知識だと仮定すれば、症例数を多くこなしている人程治療のゴールにはやくたどり着くことができます。(逆に経験が乏しくて、患者様の言われるままに、早く治療を終了してしまうひともいますが・・・)

ゴールに直線で進んでいけば、最短距離をとれますが、治療ではなかなか最短距離で進むことは難しく、思わぬ方向に歯が動いたり、なかなか歯が動かないこともあり、治療期間を断定することがむずかしいのです。

4.患者様の協力がえられるかどうか

虫歯の治療は100%歯医者が行いますが、矯正治療は患者様の協力がなくして行うことはできません。水平的な動きはワイヤーのみで動かすことが出来ますが、垂直的な動きは、ゴムをつけて引っ張り合わないといけないので、患者様にゴムをつけてもらわないといけないので、患者様が、自宅や学校、職場などでゴムをつけなければ、いつまでたっても治療は終了しないことになってしまいます。ですから患者様の協力度によって治療期間が大きく違ってくるのです。

Q.矯正治療は、二、三年が平均的な治療期間であると聞いていたのですが、何故南青山デンタルクリニックはそんなに早く治療を終えることが出来るのですか。

Ans.一般的に矯正治療は、顎の大きさに比べて歯が大きすぎるので、歯を数本抜いてから、そのスペースを利用して歯を動かしていって治療していきます。

しかし、当クリニックの治療方法では、歯の内側や前方への傾きを外側や後方へ動かすことによって、歯は決して抜かないで、治療を終了できるのです。

そして、正しい噛み合わせと言う治療のゴールがはっきりしている為に余分な時間を必要としないので、一年ぐらいで治療が完了するのです。

Q.患者様は、矯正治療は全て同じ方法で行われていると思っていると推測するのですが、具体的にはどんなことが違うのでしょうか?

Ans.たとえば、まず、矯正治療を始める時期は、何歳ぐらいがいいですかという質問は何人かの歯科医師にすると、いく通りもの答えが返ってきますし、また、ある医院では、ヘッドギアという頭からかぶる金属のついた帽子のようなものを使うように指示されますが、他の医院では一切そういう器具は使わないというように、歯科医院によって考え方が全く違ったりするのです。

中・高校生などで、同じクラスに矯正治療を始めた生徒が何人かいたら、それぞれが違う装置や違う方法で行っており、治療期間も治療代も全く違うので、驚かれるかもしれません。

Q.なぜ他の歯科医院では、青山先生の治療方法を使わないのですか。

Ans.矯正治療にはストレートワイヤー法やベッグ法など、いく通りもの方法がありまして、私の治療法方が、唯一絶対に正しいというわけではありません。患者様にとって、治療中に矯正器具が見えないということが一番大切なことだと考える先生は、舌側矯正と言って、内側から矯正装置をつける方法をメインに治療することが多いです。それぞれの先生が、患者様にとってベストだと思う治療方法で、責任を持って治療していけばいいのだと思います。

Q.矯正治療では、殆どの人が見た目をきれいにしようと思って治療をすると思うのですが、青山先生は外見よりも正しい噛み合わせを重視されるわけですか?

Ans.見た目と噛み合わせというのは、二者択一のものではなく、表裏一体でなくてはいけないものなのです。それが、長年、見た目に重い比重がかけられ、噛み合わせが軽視されてきたので、今日のように矯正治療に対する不信感が出てきたのです。

医療として行っている以上は、私は、体に優しい、体が快適になる治療をしていきたいと考えています。

と言いますと、私の行っている矯正は、見た目は軽視して、噛み合わせだけを考えて治療しているように誤解されてしまいますが、機能面の大切さに力を入れているだけであって、患者様から満足してもらうように見た目をキレイに治療していくことも当然のことだと思っています。