location: ホームお役立ちQ&A> 噛み合わせ治療Q&A

噛み合わせ治療Q&A

依頼心の強すぎる人は治らない

噛み合わせのズレから由来する痛みや不快症状がとても大変なことは日々痛感しています。実際に多くの患者様から、「楽になった」、「治った」など喜びの言葉をいただくことが私にとってもなによりの喜びであります。

しかし、依頼心の強すぎる人は、「もっと○?してくれ」「もっと楽になるはずだ」など楽になっていることより、残っている部分にフォーカスを合わせて、感謝するという気持ちが全然ない人は治療していくことは難しい。

たとえば長年あった頭痛が治療後に消えたり、軽減したとしてもそのことを喜ばずに、まだ腰痛は残っているのでどうにかしてくれ、と言ってくる人もいる。

噛み合わせ治療によってずべての症状が必ず消えるわけではなく、他の原因によって生じていることもあるのに、全ての原因が噛み合わせからきていると自分で信じ込んでいる人は、風邪をひいても噛み合わせのせいだと思うほどで、こういうタイプの人は、全体の数%もいないが、大体こういう人は、自分の精神面に問題があるということを決して自覚していないのもやっかいである。

外人の顔と日本人の顔の違い

外人は体は大きいのに、顔が小さいことを不思議に思ったことはありませんか。おまけに顔が小さいのに親知らずまで、きちんと並んで生えているのです。この疑問に対する答えは、外人の顔は奥行きがあり、前後に長いのです。日本人の絶壁の頭の人は多いですが、外人の人に絶壁の頭の人は少ないです。

前から見ると小さい顔も、横から見ると幅のある顔をしているのが外人の顔の骨格の特徴なのです。ですから口の中の歯のスペースが十分あり、親知らずもきちんと生えているのです。

ついでに動物に顎関節症などの顎のズレが生じないのは、動物の歯並びは全て歯の間に隙間があり、多少食べ物が柔らかくなって顎が小さくなったところで、歯が乱れて生えてくることもない為です。

そういう生え方をしているので虫歯や歯周病にもなりにくいのです。

噛み合わせのズレで心まで病んでいる人もいる

噛み合わせの治療を嫌がる先生は多い。それは治療の難しさもあるが、それとともに噛み合わせの悪い人の中には、心の病んでいる人もいるからだ。

噛み合わせを長年わずらえば、体調にもいろんな変化が生じ、苦労が大変なのは十分理解できるが、全ての原因を噛み合わせのせいにしている人がいるのだ。

長年噛み合わせ治療にたずさわってきて、初めの問診をしていて、この人は精神的にやんでいるなと思える人のタイプが自分なりにはわかってきた。これは、経験上得た直感的なものなので、具体的にはいいにくいが、一番多いのは、すべての原因を噛み合わせのズレと自分で決めつけていて、すぐに他人を責めるタイプの人だ。

歯医者に言われてもそう思う人もいるし、自分で体験的に噛み合わせから来ていると思う人もいる。とにかく自分で勝手に思い込んでいる人には手の施しようがなく、自分で治療方法まで言いだす人もいる。そういう人は、風邪を引いたり、水虫が出来ても噛み合わせが悪くなったのではないかと心配してしまうのだ。

すぐに何かあると自分はガンではないかと心配する人と同じだが、噛み合わせの治療はガンと違って簡単に出来ると思っているからもっとたちが悪いのだ。

殆どの人は体調の改善を素直に喜ばれ、感謝して下さるが、心の病んでいる人は100%すべての症状が完治しなければ、満足されず、少しでも症状が残ると治療ミスだと思って、相手を責めてくるのだから、こちらもそういう人を相手にしたくなくなってしまい、自然と点々と歯医者を変えていくようになってくるのだ。

気の毒ではあるがこういうタイプの人は噛み合わせ以前に、自分の心の在り方を変えていかなくては、一生涯不幸な人生を歩んでしまうことになるのだ。こういう人の話を耳にすると、歯医者の方も、噛み合わせ治療に対して臆病になってしまうのだ。

噛み合わせのズレの程度と噛み合わせ治療の必要性

噛み合わせの治療で訪れる患者様からの質問で「私の噛み合わせのズレはひどい方ですか?」というのと同じように多い質問は「私は噛み合わせの治療をしないといけませんか?」というのがあります。この質問に対する答えも難しいのです。噛み合わせに問題があるかどうかは、殆どのケースで、パッと見ただけで私には判断できます。

しかし、患者様の悩まれている主訴が100%確実に直るということは断言できない場合もあるのです。中には、何も気になるようなことはないのに、噛み合わせが悪いのなら治療してくださいといわれる方もいらっしゃいます。噛み合わせを正しくすることは体にとって、とても大切なことですが、噛み合わせ治療というのは、とても難しく時間も費用もかかる場合も多く、簡単に「さあ噛み合わせの治療をしましょう」と始められるものではないのです。

患者様からすると、何か目に見えて改善したと感じられることがなければ、治療後に「治療して良かった」と思えないのではないでしょうか。「ムシ歯かあったら全部治療しておいて下さい」というのと「噛み合わせが悪かったら治療しておいて下さい」というのでは、根本的に違う次元の物なのです。

私の判断において、理想的な噛み合わせだと感心するような人は、全体の1%もいないのです。みなさん大なり小なり何らかの問題を持っていても、それなりに生活されているのです。従って、当クリニックにおいては、患者様が何かを求めて来院され、その期待に添える場合にのみ治療を勧めているのです。

噛み合わせのズレの程度と体調不良のひどさの相関関係

当クリニックを訪れる噛み合わせに問題のある患者様の多くが、「私の噛み合わせのズレはひどい方ですか?」という質問をしてくる。噛み合わせがズレているかどうかは、私の経験では、殆どのケースがパッと見て判断できる。

噛み合わせのズレの程度も10段階で示せば何点ぐらいだということは可能である。しかしそのズレの程度と体調不良のひどさが必ずしも一致しない場合も多いのです。10点満点で3点ぐらいなのに、たいした体調の不良を訴えない人もいれば、10点中7点ぐらいに思えるのに、ひどい体調の不良を訴える人もいるのです。

もちろん統計的に言えばやはり、噛み合わせのズレがひどい人程、体調不良のひどい人も多いのですが、ムシ歯のように、ムシ歯の大きさに比例して痛みもひどくなるという1:1の相関関係は、噛み合わせのズレと体調不良にはみられないのです。

従って噛み合わせを直しても100%体調不良がとれるということを治療前に約束することは無理なのです。

噛み合わせ異常と身体の関係

噛み合わせ不良が身体に与える影響について、TVや雑誌などのマスコミで取り上げられる機会も多くなり、患者様の方から、頭痛、肩こり、首の痛みなどのひどい場合に、歯科医院で治療を受けようと希望される人も増えてきました。

頭痛、肩こり、腰痛などの筋肉系の問題と手足のしびれ、イライラ、生理痛などの頚椎のねじれに由来する血管神経への圧迫の問題と大きく分けて2つに大別できます。

生理痛がひどくて歯医者に行くということは今現在ではとても滑稽なことですが、噛み合わせの治療後に生理痛がなくなったという人は当クリニックにおいても数多く経験しています。

噛み合わせ治療と不定愁訴(頭痛、肩こり、めまい、耳鳴りなど)の関係には、不明な点も多く、同じような噛み合わせの人を治療しているのに、両者の治療結果に大きな差が出ることもあり、「治療前に100%治りますよ」と断言できない歯がゆさがありますが、噛み合わせのズレが健康に多大な悪影響を与えていることは間違いのないことであり、今後とも、年々噛み合わせの大切さがクローズアップされてくることでしょう。

噛み合わせ不良と関係していると思われる症状には、頭痛、肩こり、耳鳴り、整理痛、生理不順、冷え性、手のしびれ、腰痛、めまい、不眠症、鼻づまり、高血圧、イライラなどが考えられます。