location: ホームお役立ちQ&A子供の矯正Q&A>Q.アゴの成長と顔貌

Q.アゴの成長と顔貌

Ans.子供の場合、歯並びがきれいになるかどうかは、アゴの成長と大きく関係しています。
また顎の成長は、良く噛むという刺激によって、血液の流れなどとも大きく関係しています。
そして歯を抜くということでアゴの成長にも影響を与え、歯を抜いて矯正した場合と、歯を抜かないで矯正した場合では、顔貌にも大きな違いがでてきます。

よく噛まない子供のアゴは、どんどん細くなり細長い顔貌になります。
一方よく噛む人間のアゴは、日本ハムの新庄選手、巨人軍の桑田選手のようにがっしりしています。
また歯を抜いて矯正した場合には、下の顎が後退して口元にはりのない顔になりやすいです。

受け口の人の下唇は大きく前にでていますが、矯正治療で正しく治すと上唇と下唇がバランスのとれた美しい顔貌に戻ってきます。

特に子供のときに正しい噛み合わせを作っておけば、アゴの骨の成長も正しくなり、バランスのとれたきれいな顔になることができます。