location: ホームお役立ちQ&A子供の矯正Q&A>Q.時代は抜歯矯正から非抜歯矯正へ

Q.時代は抜歯矯正から非抜歯矯正へ

Ans.治療の歴史の中で、抜歯か非抜歯かはいつも議論の対象でした。

そして抜歯と非抜歯の時代が繰り返されてきたのです。今は空前の非抜歯ブームなのです。

歯を抜きたくて歯を抜いている患者様は一人もいないと思います。

抜かないでいい治療ができるのであれば、歯を抜かなくていい治療の方が好まれるのは当然でしょう。

ここで問題なのは、歯を抜かないで治療することばかりに考えがいって、治療結果が悪くなるような歯医者が多く出てくると再び抜歯矯正の時代に逆戻りしてしまうことです。

私は経験的に、正しい噛みあわせを作る為には、絶対的に非抜歯矯正がいいことは断言できます。

抜歯して歯並びを治すということは、Dr.が人為的に新しい噛みあわせを作るということになりますが、非抜歯で矯正治療を行うということは、元々きちんと生えたであろう位置に歯を並べ替えるという治療法で、体に優しい治療法なのです。

今のまま、非抜歯ブームが続くことが患者様の幸せにつながることを信じて疑いません。