location: ホームお役立ちQ&A子供の矯正Q&A>Q.子供の矯正と非抜歯矯正

Q.子供の矯正と非抜歯矯正

Ans.矯正治療において、小臼歯を抜くことは当たり前のように考えられてきましたが、昨今の健康ブームに乗って、何でもない歯を抜くことは、体にとってよくないのではないかという疑問を、患者様の方が持つようになり、歯を抜いてまでは、矯正治療をしたくないと考える患者様が増えるようになってきました。

そして、治療相談の時に、顎の成長している子供の時なら非抜歯で矯正できますが、成長のとまった大人では、歯を抜いて矯正しないと出っ歯になりますよ、という説明をする歯医者が多いです。

子供では、アゴが成長している時なら意図的にアゴを外側に大きく成長させれば、歯を抜かなくても矯正治療ができるという考え方です。

勿論、子供であっても歯を抜いて矯正をするクリニックも多いですが、とにかく、非抜歯矯正をするためには、子供のときに矯正治療しておかなくてはダメだという考え方が主流なのです。

しかし、大人の人も心配いりません。

奥歯を側方や後方に移動すれば、歯は抜かなくても、きちんときれいに並ぶのです。

アゴの成長時期の治療の方が、より簡単に治療ができるというだけで、大人の人でも、歯を抜かずにきちんと治療できますので安心してください。