location: ホームお役立ちQ&A子供の矯正Q&A>Q.矯正治療を始める時期

Q.矯正治療を始める時期

Ans.矯正治療の相談に行くと、相談する歯科医院によって「早く始めたほうがいい」という所と「永久歯がそろってから始めた方がいい」という所があります。

一般的に小児歯科に力を入れているクリニックでは、早ければ早く治療した方がいいと考え、ワイヤーをつける本格的な矯正治療をするクリニックでは「永久歯が生えそろうまで待ちましょう」という考え方をしています。

早く治療することを勧める歯科医院では、永久歯が生えるまで待つということは、悪くなっていると知っていながら、わざわざ時間が経つのを待つことは有害無益であると考えているのです。

一方、永久歯が生えそろうまで待った方がいいという考え方の歯科医院では、乳歯でいくらきちんと歯並びを治したって、永久歯になってまた悪くなって、もう一度矯正治療するということは、患者様に金銭的にも虫歯的にも、長い間多くの負担をかけてしまうことになるので、矯正治療は最短で、終了しましょうという考え方なのです。

特に、子供の時の矯正治療は、咬合誘導と呼ばれ、大人のワイヤー矯正とは区別して考えられていました。

理想を言えば、早い時期に正しい咬合誘導をしておき、それでも大人になって矯正治療が必要になれば、最短期間で、虫歯などにならないように、ワイヤーできちんとした矯正治療を行うべきです。

早い時期に矯正治療や咬合誘導を受ける場合には、大人になるまで、定期的に管理していくという姿勢が、歯医者と患者様双方に必要になってきます。

噛み合わせの管理ということは、とても難しい治療のため、近いから行くというレベルを超えた目で、歯科医院を選ばないといけないですね。