location: ホーム受け口矯正症例> 受け口矯正症例-40歳以上

受け口矯正症例-40歳以上

受け口矯正症例-40歳以上(1)

☆K.U様 52歳 女性

子供の頃から気になっていた悪い歯並びをこの年になって、まさか治ると正直思っていませんでした。
しかし、仕事を辞め何か自分へのご褒美を、と考えた時に偶然見つけた南青山デンタルクリニックのHPを見て「コレだ!」と思いました。
歯を抜かないこと、治療期間が短いこと、自然の摂理に基づく治療法、経験豊富な院長先生をはじめスタッフの方々にお任せしてみようと思いました。

 始めの二ヶ月は、へリックスが舌にあたり上手くしゃべれなく、また、口内炎が出来てしまい、食べ物が食べられませんでした。
しばらくは玄米粥と豆腐、野菜ジュースで乗り切りました。
慣れてくると意外に固いもの以外は食べられるようになりました。

次のMEAWワイヤーをつけた時は衝撃でした。口が上手く閉じられないのです。
でもちょうど花粉症のシーズンだったのでマスク着用で乗り切りました。
その間は辛いことばかりではなく、どんどん歯が動いていくので自分の歯を見るのが楽しみでもありました。
毎回その変化をカメラに収めたほどです。

7ヶ月程度でマウスピースに移る事が出来ました。
この時の解放感は忘れられないほど嬉しかったです。
マウスピース治療では思ったより奥歯が動かず時間がかかってしまいましたが、その間に虫歯治療やクリーニング等もやって頂き、毎回丁寧に対応してくださり通院が楽しみでもありました。

事前にきちんとした説明、治療方針計画書があり、院長、スタッフの質の高い治療を安心して受ける事が出来て大変満足しています。
どうもありがとうございました。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

● 治療前 ● ● 治療後 ●
KU様52歳女性症例治療前写真1 KU様52歳女性症例治療後写真1
KU様52歳女性症例治療前写真2 KU様52歳女性症例治療後写真2
KU様52歳女性症例治療前写真3 KU様52歳女性症例治療後写真3
KU様52歳女性症例治療前写真4 KU様52歳女性症例治療後写真4

☆治療解説☆

主訴は、受け口の改善で、歯を抜かない短期間の矯正方法をご希望されました。

受け口の矯正方法としては、下顎の外科矯正とそれに伴う下の小臼歯を2本抜く矯正が一般的です。
しかし、患者様はそのどちらも回避したいということで、歯列弓を広げて奥歯を後方に動かす方法で外科も抜歯も回避して矯正治療を開始しました。

まずは、上下ともに内側から歯列弓を広げるクワドヘリックスを上下に入れ、外側には一般的な形状記憶ワイヤーを入れて約4カ月かけて前歯のデコボコを改善しました。(矯正装置の種類のページを参照ください

前歯が並んできたらかみ合わせを改善していくためにマルチループワイヤー(MEAWワイヤー)と顎間ゴムを約3カ月使用して奥歯を後方に動かしていきます。
 MEAWワイヤーで奥歯を後方に動かして、前歯を内側に入れていくスペースが確保できたら、最終仕上げでマウスピースを使用していきます。

治療期間はまっすぐの形状記憶のワイヤーが約4カ月で、MEAWワイヤーが3カ月で、仕上げのマウスピースが6カ月でトータルで13カ月で治療が終了しました。
 治療費は調整費なども含めてトータルで120万円かかりました。

MEAWワイヤーの治療においては、奥歯を後方に動かしていくために、顎間ゴムの使用は不可欠になります。
受け口の方の治療ゴールの特徴として、下側の前歯の傾斜が舌側に倒れるフィニッシュになりますが、かみ合わせ的には何ら問題はありません。

矯正後に歯を固めるために、保定期間として3年は寝る際にマウスピースの使用は必要になります。

☆H.S様 40歳 女性

ずっと歯並びを気にして生きてきました。笑うことも苦痛でした。
一度矯正で歯を抜き失敗しているので、歯を抜かずにできることと、かみ合わせで体調不良になっていることが自分でも分かっていたので、そういった部分も分かっていただける病院を探し、治療を受ける決心をしました。

治療中は痛みもあり、また遠方のため通うのも大変でしたが、とにかく綺麗な歯並びで思い切り笑いたいと思い、ほとんど休まず通いました。
担当スタッフの方はいつも丁寧でとても安心できました。
ありがとうございました。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

● 治療前 ● ● 治療後 ●
HS様40歳女性症例治療前写真1 HS様40歳女性症例治療後写真1
HS様40歳女性症例治療前写真2 HS様40歳女性症例治療後写真2
HS様40歳女性症例治療前写真3 HS様40歳女性症例治療後写真3
HS様40歳女性症例治療前写真4 HS様40歳女性症例治療後写真4

☆M・K様 52歳 女性

歯列矯正は、地元で小中学生の頃治療したことがあるのですが、数年かかっても希望通りの歯列になるどころか、途中で上に犬歯が生えてきたために、その隣の側歯が邪魔で犬歯を下におろせないという理由で抜かれてしまい隙間が空き、いつ治療が終わるか分からない治療で不満が残るまま終わってしまいました。

子育てが一段落し、青山健一先生の「きれいな前歯の作り方」という本が書店で目に止まり、ここなら抜歯をしないで希望通りの歯列になるかもしれないと思い、遠方から通う治療を決心しました。
治療方針の計画書を発行して頂いたので、あとどの位でこの段階の治療が終わるという事が分かり、安心して通えました。

ワイヤーを付ける時の痛みは以前の時よりも多少強めでしたが、あの位でないと歯は早く動かないと思います。
MEAWワイヤーとゴムが気になりましたが、私の職場は病院で、普段マスクをして仕事をしていましたので、幸いほとんど他の課には気づかれなかったのがラッキーでした。
ずっとしていた上のブリッジの使い心地良かったので自分から希望して前歯をブリッジにしたのですが、せっかく矯正して歯を動かして頂いたのに随分隙間の両サイドの歯を削られたことと、奥歯と違って厚くなった感もあったので、インプラントにすればよかったなという後悔も多少ありました。

希望を言えば、インプラントかブリッジかの選択をする前の時点で、それぞれのメリット、デメリットの説明をして頂きたかったという思いはありました。
それでも遠方からという事で、1度に2回分の虫歯治療を配慮して頂いたり、先生、スタッフの方の接遇は素晴らしく感じが良くて、クリーニングも含め矯正治療は地元よりずっと早くレベルは高いと感じました。
なによりも、外見も良くなり、発音もしやすくなり、仕事での発表もしやすくなって大変満足して、ここで治療して良かったと思います。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

● 治療前 ● ● 治療後 ●
MK様52歳女性症例治療前写真1 MK様52歳女性症例治療後写真1
MK様52歳女性症例治療前写真2 MK様52歳女性症例治療後写真2
MK様52歳女性症例治療前写真3 MK様52歳女性症例治療後写真3
MK様52歳女性症例治療前写真4 MK様52歳女性症例治療後写真4

☆治療解説☆

主訴は、受け口の改善で、非抜歯矯正をご希望されていました。

受け口の矯正方法としては、下顎の外科矯正とそれに伴う下の小臼歯を2本抜く矯正が一般的です。
 しかし、患者様はそのどちらも回避したいということで、歯列弓を広げて奥歯を後方に動かす方法で外科も抜歯も回避して矯正治療を開始しました。

まずは、上下ともに内側から歯列弓を広げるクワドヘリックスという装置を上下に約2、3カ月入れて、外側には一般的な形状記憶ワイヤーを入れて前歯のデコボコを改善しました。(矯正装置の種類のページを参照ください

前歯が並んできたらかみ合わせを改善していくためにマルチループワイヤー(MEAWワイヤー)と顎間ゴムを約3カ月使用して奥歯を後方に動かしていきます。
 MEAWワイヤーで奥歯を後方に動かして、前歯を内側に入れていくスペースが確保できたら、最終仕上げでマウスピースを使用していきます。

治療期間はまっすぐの形状記憶のワイヤーが約3カ月で、MEAWワイヤーが3カ月で、仕上げのマウスピースが7カ月でトータルで13カ月で治療が終了しました。
矯正治療費は調整費なども含めてトータルで110万円かかりました。

昔他院で小児矯正をしていた際に抜歯した歯があったので、矯正後に補綴治療も行いました。
 矯正装置ワイヤーの治療においては、奥歯を後方に動かしていくために、顎間ゴムの使用は不可欠になります。

受け口の方の治療ゴールの特徴として、下側の前歯の傾斜が舌側に倒れるフィニッシュになりますが、かみ合わせ的には何ら問題はありません。
矯正後に歯を固めるために、保定期間として3年は寝る際にマウスピースの使用は必要になります。

受け口矯正症例-40歳以上(2)

☆AYAKO様 42歳 女性

治療をしたきっかけ:海外に行くことが多くなり、欧米では八重歯はすごくいやがられるので決意しました

治療期間:1年弱

治療中困ったこと:食べる事ことが大好きなので、ストレスがすごかったです

違和感:ワイヤーのときは大変でした

痛み:調整後3日間位は毎回、寝られない程痛かったです

体調の改善:肩こりがものすごかったのですが、こらなくなりました

歯を抜かないことについて:私の年齢になるとどちらでもいいので早く治療が終わるほうがいいと思います

担当スタッフ:伊藤さんは明るくて、かわいらしくて、親切で、一生懸命私の希望をかなえようとして下さっている気持ちがいつも伝わってきて、担当して頂いてよかったと思いました。青山院長先生も人柄の良さが、スタッフの皆様に浸透しているすごくステキなクリニックだと思いました。

清潔で明るくて非常に快適な空間です。

● 治療前 ● ● 治療後 ●
AYAKO様42歳女性症例治療前写真1 AYAKO様42歳女性症例治療後写真1
AYAKO様42歳女性症例治療前写真2 AYAKO様42歳女性症例治療後写真2
AYAKO様42歳女性症例治療前写真3 AYAKO様42歳女性症例治療後写真3
AYAKO様42歳女性症例治療前写真4 AYAKO様42歳女性症例治療後写真4
AYAKO様42歳女性症例治療前写真5 AYAKO様42歳女性症例治療後写真5

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

☆住田様 44歳 男性

最初始める時に、迷いがあったのですが、レントゲンを撮った結果、親知らずも含めて抜かなくても良かったので、選択の余地はありませんでした。(迷わず治療をすることができました)

外見が気になるので、上のほうだけ白のワイヤーを使いましたが、動かしている期間(装置をつけている期間)が数ヶ月で終わってしまい驚くほど早く感じました。
治療中に注文したいことなども先生やスタッフの方々が、すばやく理解して対処していただきとても良かったです。

● 治療前 ● ● 治療後 ●
住田様44歳男性症例治療前写真1 住田様44歳男性症例治療後写真1
住田様44歳男性症例治療前写真2 住田様44歳男性症例治療後写真2
住田様44歳男性症例治療前写真3 住田様44歳男性症例治療後写真3
住田様44歳男性症例治療前写真4 住田様44歳男性症例治療後写真4

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

☆新原様 46歳 男性

親切に対応して頂きありがとうございました。
治療等はまったく問題ないのですが、最初に渡された治療期間等記載の書類には、発行した人の名前、住所等があった方がいいと思います。
⇒患者の為には多額の資金を支払うにあたり書式様式にはある程度整えた方が良いと思います。
⇒日本人向けですから印鑑も・・・・。

● 治療前 ● ● 治療後 ●
新原様46歳男性症例治療前写真1 新原様46歳男性症例治療後写真1
新原様46歳男性症例治療前写真2 新原様46歳男性症例治療後写真2
新原様46歳男性症例治療前写真3 新原様46歳男性症例治療後写真3
新原様46歳男性症例治療前写真4 新原様46歳男性症例治療後写真4

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

▼「受け口矯正症例-40歳以上」内のコンテンツ

  1. 受け口矯正症例-40歳以上(1)
  2. 受け口矯正症例-40歳以上(2)