location: ホーム矯正歯科治療> 歯列矯正治療例

歯列矯正治療例

歯列矯正症例1(開咬)

● 治療前 正面 ●   ● 治療後 正面 ●
歯列矯正治療症例1(開咬)治療前写真 歯列矯正治療症例1(開咬)治療後写真

この患者様のように奥歯で噛んでも前歯が閉じない噛み合わせを専門用語で“開咬”と言います。 従来はこの“開咬”が歯列矯正治療の中でも最も難しい治療だと言われてきました。歯を抜いたり、場合によっては顎を切る手術を伴わないと治療できないと説明され、わらをもすがる思いで当クリニックに治療を相談に来られる人は後を絶ちません。

この人も、数件、治療相談に行かれ、歯を抜かずに約1年で治療が終わるということで当クリニックで治療することに決められました。治療後に普通の噛み合わせの人にとっては当たり前の「前歯で食べ物が噛み切れる」と喜ばれた姿が印象的でした。

歯列矯正症例2(叢生)

● 治療前 正面 ●   ● 治療後 正面 ●
歯列矯正治療症例2(叢生)治療前写真 歯列矯正治療症例2(叢生)治療後写真

これだけ歯のデコボコがひどければ、本当に歯を抜かずに歯を並べたら出っ歯にならないのだろうかと不安になる気持ちも十分理解できます。

しかし、当クリニックの治療方法では、前歯がデコボコになる根本原因である奥歯を後方に動かすことによって、こんなにデコボコ状態の歯並びであっても、歯も抜かず、出っ歯にもならずにきれいな歯並びにすることができるのです。

この患者様も「本当に歯を抜かないで治療できるのですか?」と何度も何度も聞かれましたが、従来の歯を抜いて治療する方法からすると信じられない治療結果なのでしょう。おまけに治療期間は1年かからなかったのです。

歯列矯正症例3(出っ歯)

● 治療前 側面 ●   ● 治療後 側面 ●
歯列矯正治療症例3(出っ歯)治療前写真 歯列矯正治療症例3(出っ歯)治療後写真

日本人に多い出っ歯の治療ですが、この患者様も歯を抜くことなく1年未満で治療のような結果になりました。
この方も頭痛、肩こり、首の痛みなどの不快症状も改善されました。

歯列矯正症例4(叢生)

● 治療前 正面 ●   ● 治療後 正面 ●
歯列矯正治療症例4(叢生)治療前写真 歯列矯正治療症例4(叢生)治療後写真

この患者様は前から2番目の歯が内側に生えていて、見た目だけでなく、頭痛、肩こりなどの不快症状も多く持たれていました。

上下の関係がこのように交叉していると、アゴのスムーズな運動が邪魔されて、アゴの開閉の筋肉に不自然な運動をさせるために筋肉に過度の緊張をさせるため、頭痛、肩こり、首の痛みなどが生じてしまうのです。治療後には、この患者様も見た目の歯並びだけでなく、頭痛などの不快症状も改善されたのです。

歯列矯正症例5(受け口)

● 治療前 正面 ●   ● 治療後 正面 ●
歯列矯正治療症例5(受け口)治療前写真 歯列矯正治療症例5(受け口)治療後写真
● 治療前 側面 ●   ● 治療後 側面 ●
歯列矯正治療症例5(受け口)側面治療前写真 歯列矯正治療症例5(受け口)側面治療後写真

アントニオ猪木のように下顎が上顎よりも前方に出ている受け口の人は、口が大きく開けにくいために、発音的に正常なかみ合わせの人よりも少し違和感があります。この患者様はアゴを切ったり、歯を抜く治療法の説明を受け、慌てて、当クリニックに来られました。治療期間は10ヶ月で終了しました。

歯列矯正症例6(叢生、開口)

● 治療前 正面 ● ● 治療後 正面 ●
歯列矯正治療症例6(叢生、開口)治療前写真 歯列矯正治療症例6(叢生、開口)治療後写真
● 治療前 上顎 ● ● 治療後 上顎 ●
歯列矯正治療症例6(叢生、開口)上顎治療前写真 歯列矯正治療症例6(叢生、開口)上顎治療後写真
● 治療前 下顎 ● ● 治療後 下顎 ●
歯列矯正治療症例6(叢生、開口)下顎治療前写真 歯列矯正治療症例6(叢生、開口)下顎治療後写真

上の両側の八重歯が完全に歯列からはみ出しており、これを並びかえてきちんと並ぶことが、患者様だけでなく歯医者でも信じられないという声をよく聞きます。

<pこれだけ完全に歯列からはみ出してしまいますと、正しい位置に並べかえるのには、普通の人よりは時間がかかりますが、それでも1年ちょっとで終了し、従来のように3年近くもかかったりはしませんでした。