location: ホームお役立ちQ&A> 矯正治療のトラブル&デメリット

矯正治療のトラブル&デメリット

矯正治療のトラブル&デメリット

読売新聞のコラム

2008年8月に読売新聞朝刊に読者から寄せられたコラムを掲載いたします

歯列矯正のリスク

☆上の画像が読みづらい方は下記の文章をお読み下さい。(記事通りの内容です)

他人に指摘されるほどではないのですが、子どものころから歯並びが良くありません。20歳代後半、歯科医に「年齢とともに歯並びは悪くなる」と言われて気になりだしました。自分で調べて歯列矯正を行う専門の歯科医院に行ったら、「虫歯ができにくくなり、口元も上品になる」など良いことばかりを説明され、歯列矯正を始めました。

当初の計画より2年も延びて4年もかかりました。無理な力で歯を動かしたことが原因か、数本の歯の神経が死んでしまい、顎関節症を発病し、今も悩まされています。

歯科医は、リスクについても十分に説明すべきです。多少、歯並びが悪くても健康に暮らしている人にとっては、メリットよりデメリットの方が大きくなる危険性があることも知ってほしいです。

当クリニックの矯正治療の最終ゴールは「患者様に満足していただくこと」です。
満足とは、患者様の治療後のイメージを満たしたり、イメージ以上の出来上がりになる事です。

ここで問題が生じます。
その患者様の治療結果をイメージすることは、これまでに数千症例こなしているので難しくありません。
しかし、患者様の頭の中の治療結果のイメージは、当然、患者様ごとに違うことなので、それを予測することはすごく難しいことです。(現実には不可能に近いです)
同じ治療結果でも、すごく喜ばれる方と、不満に思われる方がいらっしゃいます。

治療結果にご満足いただけない場合に、患者様が、高いイメージを持たれる原因には2通りあります。
1つめは歯医者の方が過度に期待を持たせるようなことを伝え、デメリットを十分に伝えていなかった場合です。
2つめは、クリニックやDrが十分にデメリットを伝えたにもかかわらず、患者様が過度の期待をしてしまい、最大限の治療結果でも満足してもらえない場合があります。

当クリニックでは、トラブルやクレームを極力回避するために、小さなデメリットもすべてお話ししています。
それでも、年間500人から600人の方に矯正治療をしていくと数年に1人ぐらいはクレームやトラブルになる事があります。
トラブルは確率的には約1000人に一人ぐらいの割合になります。

その中には、できない事を無理やりやらせようと恫喝してくる方もいらっしゃいます。
そういう方は、自分の思い通りにならなければ、腹いせに誹謗中傷をあちこちに言ったり、書き込んだりします。
医療には、できる事とできない事があります。できない事は、いくら恫喝されてもできません。
トラブルやクレームを極力回避していくためにも、当クリニックは治療におけるデメリットは積極的にお伝えしています。

長年、矯正治療というのは、子供の為の治療であるとか、一部の人だけがする敷居の高い治療だと考えられてきましたが、近年は日本でも欧米並みに矯正治療経験者が増えてきました。
矯正治療をする人と、矯正治療を行うドクターの増加で治療代も年々安くなり(それでもまだ高額ですけど・・・)、矯正治療に対する敷居はさらに低くなってきました。

一方、矯正治療を行う歯科医院が増え、クリニック間での患者様の奪い合いも激しくなり、患者様の立場としても、どのクリニックを選んでよいのか、とてもわかりにくい時代になってきました。
歯列矯正治療が多くの方々に受け入れられ、喜ばれる人が増えるのと同様に、歯列矯正治療に伴うトラブルが年々増加していることは非常に残念なことです。

歯科医師過剰時代に伴い、患者様の争奪戦が激しくなる今、トラブルを未然に防ぐ意味で、患者様にも冷静な見方をしてもらうために、あえて矯正治療に伴うデメリットを正直にお伝えいたします。

トラブルを防ぐ為には、メリット以上にデメリットも十分把握された上で慎重に治療する医院を決断されることをお勧めいたします。
そして、それでも過度のご期待をされる方は、どこで治療を受けられても必ずトラブルになりますので、矯正治療は回避されることをお勧めいたします。

矯正治療のトラブル&デメリット目次

1.治療期間に関するトラブル

当クリニックで行なう非抜歯矯正治療は約1年で治療が終了しますが、一般的な矯正治療では2~3年の治療期間がかかり、それがさらに長引くことによるトラブルをよく耳にします。

テレビの対談番組で当時矯正治療をしていた作家の林真理子さんが治療期間は3年位と言われたのに5年もかかったと述べられていました。

矯正の治療期間は厳密に何ヶ月と断言することは難しいにしても、患者様としても治療後の予定があることと思いますので、治療前にある程度は、はっきりしておかれることをお勧めします。

2.抜歯・非抜歯に関するトラブル

ほとんどの患者様は歯を抜かないでする矯正治療を望まれていますが、一旦は歯を抜かない約束で矯正治療を進めておきながら、治療途中で「やっぱり歯を抜かないと治療できないですね」とか「歯を抜かないと出っ歯になりますけどよろしいですか」と言われて、当クリニックに転院してこられる患者様が後を立ちません。

「ホームページでは歯を抜かない矯正を勧めておきながら治療相談に行くと、結局抜歯矯正を勧められた」という苦情も多く耳にします。

治療相談だけなら被害も少ないでしょうが、一旦治療を始めてから、転院ということになると必ずトラブルになりますので、「歯を抜かないで矯正したい」ということを譲れない場合は治療前にその旨をしっかり告げられておくことをお勧めします。

3.抜歯矯正と法令線

Q.抜歯矯正をして、顔の法令線が目立つようになり、老けた顔になってきたのですが……

Ans.抜歯矯正をされた方からのお問い合わせで一番多いのが、顔の法令線が目立つようになってきたということです。
抜歯矯正の最大のメリットは、横から見た顔をE-Lineの中におさめることですので、上顎の骨格が内側に入っていきます。

そうなれば、横顔の口元は内側に入りますが、その結果正面から見た顔は、内側に入れば当然、法令線は目立つようになります。
特に、もともとの歯並びのデコボコの程度が重度でない方が、抜歯矯正で前歯と上顎の骨格を大きく内側に入れれば、必要以上に皺のように老けたイメージを感じてしまう場合があります。

抜歯矯正によって横顔を大きく中に入れるということは、当然そのデメリットも考慮してご判断いただかなければ、あとで「こんなはずでは……」という結果にもなりかねません。

4.費用に関するトラブル

矯正治療は保険が適用されない為に高額な治療になってしまいます。その料金体系もクリニックによって違っていて、特にトータルの金額が分かりにくい場合には、「言った、聞いていない」というトラブルになりやすくなります。

特に月々の調整料金がかかる医院では、患者様の立場からしますと、「わざと治療期間を延ばして、治療費を高くしようとしているのではないか」と疑心暗鬼になってしまうと、ドクターと患者様の信頼関係も崩れて泥沼の関係にもなりかねません。

治療する歯科医院としても治療費を高く感じて欲しくないので、できるだけ治療費を分けて料金説明をしたいのです。この両者の立場の違いが後々、誤解を生じやすくするのです。

治療前にトータルでの治療金額をはっきりしておくことが金銭トラブルを防ぐ最善策になります。