location: ホームお役立ちQ&A> 矯正治療Q&A

矯正治療Q&A

矯正治療Q&A目次

Q.なぜ歯科医院によって治療説明が違うのですか?

Ans.歯科医師の仕事というのは、大学で学ぶ以上に、卒業後にどれだけ勉強したかで全く知識量が違ってくるものなのです。

大学では、殆ど基本的な部分を教えてくれるだけですから、同じ大学を出ていても、治療方法や考え方は全く違うのです。

卒業後に同じ先生の勉強会に出席しても、元のベースが違う先生では、同じ講義でも解釈の仕方が違ってくるのです。

色々な知識や技術を、自分なりにアレンジしながら治療が行われているのです。
いろいろな先生がいろいろな方法の勉強会を開いていますが、A先生の勉強会ではB先生の方法を否定していたり、Bの先生はAの先生の治療方法では治らない、と言っていたりします。

全てにおいて、同じ環境で同じように勉強している人はいないので、先生によって微妙に考え方が違ってくるのです。

歯科治療への評価は患者様にしてもらうしかないので、実際に治療を受けた人の意見が一番正しいと思います。

ラーメン屋さんと似ていますが、同じ店で働いていた人達が、自分のお店を持ったとしても、その人たちは自分なりに工夫をしてスープを造っていきます。また工夫しないような店は、淘汰されて消えていくと思います。

歯科の世界でも、いろいろな勉強会に出たり、本から知識を得たりして、いろいろな技術や知識を得ることによって、より

 歯科治療への評価は患者様に満足してもらえるように頑張っているのです。

ですから、同じとんこつベースでも味が違うように、矯正治療や噛み合わせの考え方もいろいろな知識や経験がその人なりにアレンジされているので、まったく同じ考えの人はいないのです。

問い合わせてきた方に、近くの歯科医院を紹介してあげたくても、それが出来ないのは以上のような理由からなのです。

とにかくいくつかの医院に相談に行かれ、自分で判断してもらうしかないのです。

Q.虫歯の治療方法なども医院によって考え方が違うのですか?

Ans.虫歯や入れ歯などの場合は、治療の方法が微妙に違っても、「なぜ歯科医院によって治療方法が違うのだろう」と実感するほどの違いが無いだけで、実はそれぞれの医院で考え方や使用する材料なども違っているのです。

しかし、噛み合わせ治療矯正治療は、治療方法や治療結果に大きな差があるので、多くの患者様がその違いに気付くのです。

特に噛み合わせ治療の考え方は、いろいろな理論が表れたり消えたりして、まだ統一された理論が確立されていないので、治療する先生によって、大きく考え方が違ってくるのです。

Q.審美治療と矯正治療の違いについて?

Ans.患者様が矯正治療を望む最大の理由は、見た目の歯並びをきれいにしたいということなので、前歯だけをきれいにできればいいと考えるのは当然のことだと思います。

審美治療と割り切って考えれば、前歯だけをきれいにする矯正治療も可能です。

しかし、前歯というのは、不正な奥歯の噛み合わせの結果として見た目がガタガタに悪くなっていることなのですから、奥歯をきちんと治した方が前歯も安定して、後戻りの可能性も少なくなります。

審美治療として、歯を抜いたり削ったりすれば、見た目はきれいになりますし、歯が動いて戻る心配もないので、ワイヤーを使わない前歯だけの治療を希望される場合、矯正治療よりも歯を削って直す審美治療方法のほうが主流になっています。

しかし、奥歯の噛み合わせが悪いために結果として前歯が乱れているのですから、奥歯の正しい噛み合わせを作り、顎を正しい位置に安定させることこそ医療サイドとしては大切なことと考えています。

家が傾いているのに外観だけをきれいにしても、あまり意味のあることとは思えませんよね。

“急がば回れ”といいますが、短期のスパンで見れば、前歯だけの治療や、削ったり抜いてブリッジにする治療の方が早く治療が終わりますから、患者様には喜ばれます。

しかし、10年、20年と長い目で人生を見ていくのであれば、正しい噛み合わせを作ることによって体調もよくなり、治療後の後戻りもなく、前歯もきれいになる、きちんとした矯正治療の方がいいと思います。

人間には、さまざまな価値観がありますので、患者様の希望を第一優先し、それぞれの治療のメリットとデメリットを十分理解してもらって患者様に最終決定してもらうべきだと思っていますので、どの治療を行う場合も、医師は中立の立場で、患者様に自分の知識を知らせていくべきだと思います。

Q.“歯並び”と“噛み合わせ”というのは別のことなのでしょうか?

Ans.一般的に“歯並び”というのは、前歯の外見上のことを言い。“噛み合わせ”というのは、奥歯やあごのずれなど、機能面をさして表現されています。

本来は、外見の美しさと機能的に正常であることは一致していないといけないのに、現在の歯科医療では必ずしも一致していないのです。

審美歯科の治療というのは、見た目を美しくしていますが、機能的には何も変わっていないのです。むしろ、前より悪くなっていることも多いのです。

矯正治療においても、外見上はキレイになったのに体調が悪くなったりするのは、機能的には正しくないということなのです。

Q.“噛み合わせ治療”と“歯並び治療”は別のことですか?

Ans.一般的なニュアンスして、“噛み合わせ”と言えば、奥歯の歯並びや顎の運動など機能面をイメージし、“歯並び”というと、前歯の見た目など審美面をイメージします。

本来、“噛み合わせがいい”のと“歯並びがいい”のは同じ意味でなければならないのに、外見の治療にばかり重点がおかれ、歯並びはいいけど噛み合わせは悪いということが生じていました。前歯だけを削って被せてきれいに見せる審美治療というのは、ここでいう歯並び治療の典型であって、噛み合わせ治療では断じてありません。

今までは、矯正治療でも、歯と顎の大きさが合わないために歯並びが悪くなるので、前歯のみをきれいに並べて奥歯は前方へ倒れないようにそのままの位置を維持するという治療が主流でした。

しかし、現在は、奥歯の噛み合わせが悪いから、結果的に前歯の歯並びが悪くなってしまうのだという考えが注目を浴びるようになってきました。

したがって、歯並びが悪くなる根本的な原因である奥歯の噛み合わせを正しく治せば、歯を抜かないで、前歯もきれいに並ぶという考え方が出てきました。

こういう考え方が歯科界に定着するようになれば、“噛み合わせ治療”と“歯並び治療”が同じ意味になる日もやってくると思います。