location: ホームお役立ちQ&A> 当クリニックの矯正治療法Q&A

当クリニックの矯正治療法Q&A

当クリニックの矯正治療法Q&A目次

Q.歯を抜かずに矯正治療をするメリットは何ですか

Ans.私も学生の頃は、真ん中の歯(小臼歯)を抜歯して矯正治療をするように学びました。

歯学部生の私ですら、虫歯でもない歯を抜くことにとても抵抗はありましたが、そう教えられたので、そういうものなのだろうと頭の中にインプットされました。

私が勤務医として働いていた頃は虫歯などの全ての治療を行なう一般の歯科医だったのですが、以前に歯を抜いて矯正された患者様たちの虫歯の治療をしていて気になっていたことは、顎関節症の症状がある患者様が多く、後戻りして元のように戻っている人もいて、抜いた歯のすき間が空いたままの人もいたりして、矯正治療というものに少し疑問を抱くようになっていました。

もちろん、歯を抜いて矯正治療をされた患者様の中にもきちんと機能している人も多くいたので、歯を抜くことが問題なのか、それとも、治療を行なった先生に問題があったのかは分かりませんでした。

とにかく、矯正治療というものはとても難しくて、なるべく手をつけないようにしないと患者様に対して責任が持てないなと恐怖心を持っていました。

 そんな折、歯を抜かずに矯正治療をされている先生がいるということで、その先生に師事していって、今の、歯を抜かないで矯正治療を行なう方法で治療を進めていくようになりました。

歯を抜かないで矯正治療をするのは、何よりも患者様に喜ばれますし、顎関節症の症状や体の不快症状がよく治るので、医療行為として自信を持って患者様に勧められます。

近年、従来の矯正治療に対する疑問が多く投げかけられるようになり、歯を抜かない方法の先生の講習会は、いつも満員になっていると聞き、この方法が主流になってくる日も近いことを感じています。

Q.歯を抜いて行う矯正のメリットは何ですか?

Ans.当クリニックは噛み合わせの観点から抜歯矯正は行っていませんが、抜歯矯正にもメリットはあります。
横顔から見た口元が、大きく出ている患者様の場合には、口元を引っ込める為には抜歯矯正の方が有利です。

抜歯矯正ではE-Line(esthetic line)と言って、横顔からの口元を中に入れることを大きな治療目標にしています。
毎年、E-Line大賞といって、横顔のきれいな芸能人を選んでいるぐらいです。

当クリニックに治療相談にいらした方には、前歯の歯並びを中に入れたいのか、口元を中に入れたいのかで、抜歯矯正と非抜歯矯正のどちらが有利かをご説明させていただいています。
歯並びを中に入れたいのであれば、非抜歯矯正でも大丈夫ですが、横顔の口元を中に入れたい人には、抜歯矯正をお勧めしています。

Q.なぜ南青山デンタルクリニックでは歯を抜かずに矯正治療ができるのですか

Ans.当クリニックでは、前歯の歯並びが悪くなるのは、奥歯の歯並びに問題があるから、結果的に前歯がガタガタになると考えています。

従来は、歯並びが悪いのは、歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪いから前歯が不ぞろいになると考えられ、歯を数本抜いて歯並びを治そうとしてきました。

当クリニックの考えでは、奥歯を正しい位置に並べれば、前歯は自然に正しいきれいな位置に並べられるのです。

歯の並びを平面として判断するか、顎の骨格の一部として立体としてみるかで、治療の考え方が違ってくるのです。

患者様の中には、何件も矯正歯科医院に相談して、「絶対歯を抜かないと矯正治療はできません」と言われたのに、当クリニックで「歯を抜かない」と言うと、混乱して「どうして同じ人間への治療方針が、クリニックによって全然違うのですか?」と怒ってくる人もいます。

私としては、従来の治療方法と当クリニックの治療方法の考え方の違いを説明して、患者様に選択してもらうしかありません。

どちらが正しくてどちらが間違っているということではなく、患者様にとって納得のいく治療方法を選んでもらえればよいと思っています。

それでは具体的に、歯を抜かずにどうやって歯をきれいに並べていくかを説明します。

今までは、歯を抜くことによって余分なスペースを作って、それを利用することによって歯を移動してきました。

従来のやり方は、小臼歯(前から四番目の歯)を抜いて、そのスペースを利用して、前歯六本を後方へ移動させるという方法でした。

この方法では、抜いた歯の後ろの歯は、前方へ倒れないようにそのままの位置を維持するというのが鉄則なのです。

しかし、当クリニックのやり方は、後方の奥歯にこそ、歯並びが悪くなる原因があるので、奥歯を後方へ動かしたり、外側へ広げることによって余分なスペースを作って、前歯を結果的に内側にきれいに並べるのです。

これは、歯と顎のサイズという、二次元的平面で物事を考える発想からきていますが、奥歯の傾いた歯を後方や外側に移動することによって、今まで噛んでいた位置を全く変化させ、噛む筋肉の軌道に歯を持ってくるという、立体的な三次元的な発想によって歯のスペースが作られ、歯を抜かずに治療ができるのです。

Q.歯を抜かない矯正治療がいい治療なのですか

Ans.当クリニックでは、親知らず以外は歯を抜かずに治療しますと言うと、「じゃあ、歯を抜かないで矯正治療をする医院が安心できる医院なのですか?」と聞かれることがあります。

遠方の方からも、「どうやっていい矯正治療をする所を探せばいいのですか?」「歯を抜かない医院だったらいいのですか?」と聞かれて困ってしまいます。

歯を抜くか抜かないかは、どういう噛み合わせを作っていくかの方法論であって、歯を抜いても、体が楽になって顎が快適に動けば全く問題のないことだと思います。

私の考える正しい噛み合わせの治療では、歯は抜かずに利用した方がより効果的だというだけなのです。

しかし、噛み合わせの考え方がしっかりしていないで、ただ歯を抜かない方法がいい治療なのだと勘違いしますと、歯を抜いた時以上に顎が後方に下がってしまい、体調はもっと悪くなってしまいます。

矯正治療では、顎の位置を三次元的に考えながら治療していかないといけないのに、二次元的にしか考えてないで歯を抜かずに治療しますと、正しい治療結果を得ることができません。

歯を抜くか抜かないかで矯正歯科医院を選ぶのでしたら簡単なのですが、歯を抜かない治療でも体調が悪くなるようでしたら、治療後の噛み合わせの位置は正しくないのです。

Q.従来の治療方法と南青山デンタルクリニックの治療方法では具体的に何が違うのですか?

Ans.

1.親知らず以外の歯を抜かない

矯正治療の相談に行くと、歯を数本抜かなければいけないと言われて、抵抗を持つ人は少なくないと思います。

顎の大きさに比べ歯の大きさが大きいので、残念ですが、小臼歯を抜いて歯をきれいに並べましょうと言われます。

この歯を抜く方法が長年正しいとされてきたので、この方法に異論を唱える人の方が少数でした。

しかし、歯並びをきれいにするためとはいえ、歯を抜くことによる弊害が注目され始め、歯を抜かずに矯正治療をする方法を選ぼうという風潮が矯正歯科の中でも高まってきています。

歯を抜くから悪い治療で、歯を抜かないからいい治療だという簡単なものではありません。顎の位置を正しい場所に安定させる柱が歯なので、正しい位置がわからずに治療していけば、どちらの方法で治療しても患者様の満足する治療にはならないでしょう。

2.一年ぐらいで治療が終了する

当クリニックでは、他の歯科医院で二、三年かそれ以上治療期間がかかると言われた人も一年ぐらいで治療が終了しています。

これは、歯を抜かないことと、正しい噛み合わせに対する明確なゴールがしっかりしているからです。

歯を抜くことで正しい噛み合わせを作るには、多くの時間が必要になってくるのです。

また、正しい噛み合わせを作ることなく、見た目の歯並びだけをよくする治療でしたら、治療期間はいくらでも短くできますが、それでは本末転倒になってしまいます。

当クリニックでは正しい噛み合わせのゴールがしっかりしているために、治療の終了を自信を持って告げられるのです。

3.体調の不快症状が改善される

当クリニックでは、見た目の歯並び以上に、体調の不快症状の改善を目的として矯正治療を行なっています。

体調が改善されるということは、機能的にも、理想的な位置で力の関係が保たれていると考えられます。

噛み合わせ以外の原因で、頭痛、肩こり、首の痛み、生理痛など、いろいろな不快症状が生じることもありますが、多くの患者様は、治療後に体調の改善を喜ばれているので、これらの症状にはとても深い関わりがあると考えられています。

4.模型上できれいに噛むことではなく、口のまわりの筋肉の軌道上に歯を並べかえることを常に考えている

従来、治療後にきれいに並んでいる歯型によって、矯正の成功、不成功は語られてきました。しかしこれでは、顎の動きは一切考えられていないことになります。

今までは、歯が先にあって、筋肉の方をそれに合わせるように動かしてきましたが、これでは考え方が逆であり、筋肉の運動で、顎が動き、その軌道の終点として歯をきれいに並べなければならないのです。