location: ホームお役立ちQ&A噛み合わせ治療Q&A>年々顎は小さくなっているが歯の大きさは変わらない

年々顎は小さくなっているが歯の大きさは変わらない

人間の顎は時代とともに小さくなってきています。食べ物がかたくて十分に顎を使わないと咀嚼できなかった時代には、顎が発達してがっちりしていました。しかし近年とみに、グルメブームになり食べ物の欧米化にもともない柔らかい物ほどおいしいという傾向になってきました。

十分に噛まなければ顎に血液も行き届かなくなり、顎が発達しません。それに対して歯自体のサイズは全然変化が無いのです。よく噛もうが、噛むまいが、歯の大きさは昔と一緒なのです。

その結果親知らずなどは、生えてくるスペースが無くなり横になって生えてきたりするのです。昔は親知らずもきちんと生えているのが当たり前だったのに今では親知らずがきちんと生えている人は殆どいないのが現状です。そのうちにもっと顎が小さくなり、その手前の歯でさえきちんとはえなくなってくるでしょう。