location: ホームお役立ちQ&A噛み合わせ治療Q&A>治療して治らなかったらどうしてくれるの?

治療して治らなかったらどうしてくれるの?

噛み合わせが全身の健康と密接な関係があるのは間違いのないことですが、100%全ての人の症状が治るのでないのなら、自分がその治療をして治らなかったら患者様は時間もお金も返して欲しいと思われる人もいると思います。

私のクリニックでは、80~90%は改善を喜ばれていますが、それでも10%近くの人はあまり変化がないといわれる方もいらっしゃるのです。私は慎重なタイプなので、患者様と十分話し合って患者様が納得されてからでないと、不可逆的な、削ったり後戻りのできない治療には手をつけないようにしていますので、患者様との間でトラブルは生じませんが、顎関節症の治療にはトラブルは付きもので、ドクターも患者様も十分な注意が必要になってくるのです。

ドクターの方は、その患者様は治せるものなのかを慎重に診断してから判断するべきですし、患者様もその先生の説明が納得いくものかどうかを判断してから治療にとりかかるべきです。

ガンや内臓系の手術で「成功率は50%ですけれどどうしますか」と聞かれて殆どの人は「それでもお願いします」といいますが、噛み合わせの大掛かりな治療で「よくなる確率は80%です」といわれても思いとどまる人も多くいるのは、患者様の意識の中に、「噛み合わせのズレと体の不調が関係していないかもしれない」という疑問や不安も大きいからだとおもいます。

100%の成功率でない以上、絶対治りますから治療すべきですと言えないので、信じてくれる人のみ治療をしていくしかありません。心の中では、「絶対この人治るのにな~」と思っていても医療行為に絶対はないので、一歩一歩慎重に説明も治療も段階を追って行っています。そういう意味でも長年、医療不信、歯医者不振になっている人は、心のとびらを聞くのが一番の大仕事になってしまいます。