location: ホームお役立ちQ&A噛み合わせ治療Q&A>噛み合わせ治療の説明は歯科医院で異なる

噛み合わせ治療の説明は歯科医院で異なる

私の医院では、初診時や治療後には、患者様の言葉には極力耳を傾けるようにしています。患者様の言葉によって、歯医者にとって当たり前の事が患者様の視点からは、違う見方をしていたりすると、ハッとするようなこともたまにあります。

しかし、患者様が以前の歯科医院で受けた説明をきいていると、噛み合わせ治療に関しては、本当に歯医者がこんな説明をするのだろうかと、不思議になるような説明をしている歯医者が多い事に気付きます。

それほど、噛み合わせに関しては、知らないのなら、知らないと言ってあげればいいものを、ウソの説明をされると、その説明の間違いを正していかないといけないですし、患者様はなぜ、歯医者によって、言うことが違うのか不信に感じ始められます。

噛み合わせ治療に関しては、10人の先生がいたら10通りの説明があるぐらい考え方に違いがあることは仕方のないことなのですが、明らかに見当はずれの説明をしている歯医者の話を聞くと、その説明を信じている患者様が可哀相になってきます。

特に「噛み合わせ治療」「矯正治療」においては、歯科医院によっては、治療レベルの違いがありすぎるので、複数の医院で相談を受ける事が大切である、といわざるをえないのが今の現状です。

例えば、ご本人は歯を大切に思って歯を削りたくはなかったので、矯正治療をするつもりだったのに、その歯医者では「噛み合わせ治療は、歯を削らないと出来ません」とか、「矯正治療は、子供の時にしないと大人では出来ません」とか説明されて、本人は、その説明を信じて、仕方なく歯を削って治療したのに、それでも治らずに当クリニックに来院され、結局、矯正治療をすることになって、前の歯医者で、何のために歯を削られたのか、わからなくなっている患者様もいらっしゃいました。

ないとガードやスプリントなどの、歯に危害が加わらない治療なら、治療法に間違いがあっても問題はないですが、歯を削ったり、歯を抜いたりする場合は、取り返しのつかないことになってしますので、何件かのクリニックで説明を受けて、納得してから治療を受ける必要があると思います。