location: ホームお役立ちQ&A噛み合わせ治療Q&A>噛み合わせのズレの程度と噛み合わせ治療の必要性

噛み合わせのズレの程度と噛み合わせ治療の必要性

噛み合わせの治療で訪れる患者様からの質問で「私の噛み合わせのズレはひどい方ですか?」というのと同じように多い質問は「私は噛み合わせの治療をしないといけませんか?」というのがあります。この質問に対する答えも難しいのです。噛み合わせに問題があるかどうかは、殆どのケースで、パッと見ただけで私には判断できます。

しかし、患者様の悩まれている主訴が100%確実に直るということは断言できない場合もあるのです。中には、何も気になるようなことはないのに、噛み合わせが悪いのなら治療してくださいといわれる方もいらっしゃいます。噛み合わせを正しくすることは体にとって、とても大切なことですが、噛み合わせ治療というのは、とても難しく時間も費用もかかる場合も多く、簡単に「さあ噛み合わせの治療をしましょう」と始められるものではないのです。

患者様からすると、何か目に見えて改善したと感じられることがなければ、治療後に「治療して良かった」と思えないのではないでしょうか。「ムシ歯かあったら全部治療しておいて下さい」というのと「噛み合わせが悪かったら治療しておいて下さい」というのでは、根本的に違う次元の物なのです。

私の判断において、理想的な噛み合わせだと感心するような人は、全体の1%もいないのです。みなさん大なり小なり何らかの問題を持っていても、それなりに生活されているのです。従って、当クリニックにおいては、患者様が何かを求めて来院され、その期待に添える場合にのみ治療を勧めているのです。