location: ホームお役立ちQ&A噛み合わせ治療Q&A>噛み合わせのズレで心まで病んでいる人もいる

噛み合わせのズレで心まで病んでいる人もいる

噛み合わせの治療を嫌がる先生は多い。それは治療の難しさもあるが、それとともに噛み合わせの悪い人の中には、心の病んでいる人もいるからだ。

噛み合わせを長年わずらえば、体調にもいろんな変化が生じ、苦労が大変なのは十分理解できるが、全ての原因を噛み合わせのせいにしている人がいるのだ。

長年噛み合わせ治療にたずさわってきて、初めの問診をしていて、この人は精神的にやんでいるなと思える人のタイプが自分なりにはわかってきた。これは、経験上得た直感的なものなので、具体的にはいいにくいが、一番多いのは、すべての原因を噛み合わせのズレと自分で決めつけていて、すぐに他人を責めるタイプの人だ。

歯医者に言われてもそう思う人もいるし、自分で体験的に噛み合わせから来ていると思う人もいる。とにかく自分で勝手に思い込んでいる人には手の施しようがなく、自分で治療方法まで言いだす人もいる。そういう人は、風邪を引いたり、水虫が出来ても噛み合わせが悪くなったのではないかと心配してしまうのだ。

すぐに何かあると自分はガンではないかと心配する人と同じだが、噛み合わせの治療はガンと違って簡単に出来ると思っているからもっとたちが悪いのだ。

殆どの人は体調の改善を素直に喜ばれ、感謝して下さるが、心の病んでいる人は100%すべての症状が完治しなければ、満足されず、少しでも症状が残ると治療ミスだと思って、相手を責めてくるのだから、こちらもそういう人を相手にしたくなくなってしまい、自然と点々と歯医者を変えていくようになってくるのだ。

気の毒ではあるがこういうタイプの人は噛み合わせ以前に、自分の心の在り方を変えていかなくては、一生涯不幸な人生を歩んでしまうことになるのだ。こういう人の話を耳にすると、歯医者の方も、噛み合わせ治療に対して臆病になってしまうのだ。