location: ホームお役立ちQ&A噛み合わせ治療Q&A>外人の顔と日本人の顔の違い

外人の顔と日本人の顔の違い

外人は体は大きいのに、顔が小さいことを不思議に思ったことはありませんか。おまけに顔が小さいのに親知らずまで、きちんと並んで生えているのです。この疑問に対する答えは、外人の顔は奥行きがあり、前後に長いのです。日本人の絶壁の頭の人は多いですが、外人の人に絶壁の頭の人は少ないです。

前から見ると小さい顔も、横から見ると幅のある顔をしているのが外人の顔の骨格の特徴なのです。ですから口の中の歯のスペースが十分あり、親知らずもきちんと生えているのです。

ついでに動物に顎関節症などの顎のズレが生じないのは、動物の歯並びは全て歯の間に隙間があり、多少食べ物が柔らかくなって顎が小さくなったところで、歯が乱れて生えてくることもない為です。

そういう生え方をしているので虫歯や歯周病にもなりにくいのです。