咀嚼システム

筋肉には、意識して動かす筋肉と、無意識で動いている筋肉があります。

心臓や肺など、生きた瞬間から死ぬまで本人の意識とは関係なく動き続けます。スポーツなどで、飛んだりはねたりする時に動く筋肉は、自分の意識で脳からの指令によって筋肉が動き始めるのです。

食事も、一旦口に食べ物が入ったらモノを噛み砕き、飲みこむまで、自分でこれぐらいの大きさになったからもう少し噛もうとか、もうそろそろ飲み込もうとか意識するものではないですよね。

食べ物が飲み込まれるまでの運動が、一連の咀嚼運動として存在しているのです。

その時に正しい噛み合わせの人は、アゴの動きと筋肉の動きが一致していて体に無理がかからないが、悪い噛み合わせの人は、歯が触れる瞬間にアゴがズレ込むのを体が覚え込み、不自然な動きが咀嚼という一連の動きの中に組み込まれ、筋肉に過度の負担をかけることになってしまうのです。

片足だけにゲタをはいて歩いたり、走ったりすると、はじめの数歩は違和感を感じますが、それが習慣になれば、それが普通になり、それで生活できるものなのです。

しかし、そういう悪い習慣が長く続くことによって、足の関節や体に多大な悪影響を及ぼすことになってしまうのと似ています。