location: ホーム症例写真の治療解説歯の開口症例の解説>歯の開口症例20歳から39歳までの解説

歯の開口症例20歳から39歳までの解説

☆開口症例-ユキ様 女性

● 治療前 ● ● 治療後 ●
ユキ様女性症例治療前写真1 ユキ様女性症例治療後写真1
ユキ様女性症例治療前写真2 ユキ様女性症例治療後写真2
ユキ様女性症例治療前写真3 ユキ様女性症例治療後写真3
ユキ様女性症例治療前写真4 ユキ様女性症例治療後写真4

☆治療解説☆

主訴は、開咬の改善で他院で外科手術と抜歯矯正を提案されたとの事で、外科手術も抜歯しない矯正を希望してご来院されました。

奥歯で咬んでも前歯が閉じない不正交合を『開咬』と言います。開咬は見た目や前歯でモノが噛めないだけでなく、奥歯に負担がかかってしまい将来的に奥歯からダメになっていきやすいかみ合わせです。

開咬の治療方法としては、平面的な歯並びの改善だけでなく、3次元的に“咬合平面”というかみ合わせの角度も変えていかなければなりません。
 まずは上下ともに内側から歯列弓を広げるクワドヘリックスという装置を約3カ月入れて、外側には一般的な形状記憶ワイヤーを入れて前歯のデコボコを改善しました。(矯正装置の種類のページを参照ください

前歯が並んできたらかみ合わせを改善していくためにマルチループワイヤー(MEAWワイヤー)と顎間ゴムを使用して奥歯を後方に動かしていきます。
 MEAWワイヤーで奥歯を後方に動かして、前歯を内側に入れていくスペースが確保できたら、最終仕上げでマウスピースを使用していきます。

治療期間はまっすぐの形状記憶のワイヤーが約4カ月で、MEAWワイヤーが3カ月で、仕上げのマウスピースが13カ月でトータルで12カ月で治療が終了しました。
 治療費は調整費なども含めてトータルで120万円かかりました。

開咬の治療においては、立体的な問題を改善していくために、顎間ゴムの使用は不可欠になります。
 開咬のメンテナンスとしては、保定装置だけでなく簡単な顎の運動も必要になってきます。

☆開口症例-M.M様 25歳 女性

● 治療前 ● ● 治療後 ●
MM様25歳女性症例治療前写真1 MM様25歳女性症例治療後写真1
MM様25歳女性症例治療前写真2 MM様25歳女性症例治療後写真2
MM様25歳女性症例治療前写真3 MM様25歳女性症例治療後写真3
MM様25歳女性症例治療前写真4 MM様25歳女性症例治療後写真4

☆治療解説☆

主訴は、開咬の改善で、歯を抜かない矯正を希望してご来院されました。

奥歯で咬んでも前歯が閉じない不正交合を『開咬』と言います。開咬は見た目や前歯でモノが噛めないだけでなく、奥歯に負担がかかってしまい将来的に奥歯からダメになっていきやすいかみ合わせです。

開咬の治療方法としては、平面的な歯並びの改善だけでなく、3次元的に“咬合平面”というかみ合わせの角度も変えていかなければなりません。
 まずは上下ともに内側から歯列弓を広げるクワドヘリックスという装置と外側には一般的な形状記憶ワイヤーを入れて前歯のデコボコを改善しました。(矯正装置の種類のページを参照ください

前歯が並んできたらかみ合わせを改善していくためにマルチループワイヤー(MEAWワイヤー)と顎間ゴムを使用して奥歯を後方に動かしていきます。
 MEAWワイヤーで奥歯を後方に動かして、前歯を内側に入れていくスペースが確保できたら、最終仕上げでマウスピースを使用していきます。

治療期間はまっすぐの形状記憶のワイヤーが約4カ月で、MEAWワイヤーが3カ月で、仕上げのマウスピースが7カ月でトータルで14カ月で治療が終了しました。
 治療費は調整費なども含めてトータルで120万円かかりました。

開咬の治療においては、立体的な問題を改善していくために、顎間ゴムの使用は不可欠になります。
 開咬のメンテナンスとしては、保定装置だけでなく簡単な顎の運動も必要になってきます。

▼「歯の開口症例の解説」内のコンテンツ

  1. 歯の開口症例19歳以下の解説
  2. 歯の開口症例20歳から39歳までの解説