location: ホーム症例写真の治療解説出っ歯矯正症例の解説>出っ歯矯正症例20歳から39歳までの解説

出っ歯矯正症例20歳から39歳までの解説

☆出っ歯症例-黒澤様 28歳 女性

● 治療前 ● ● 治療後 ●
黒澤様28歳女性症例治療前写真1 黒澤様28歳女性症例治療後写真1
黒澤様28歳女性症例治療前写真2 黒澤様28歳女性症例治療後写真2
黒澤様28歳女性症例治療前写真3 黒澤様28歳女性症例治療後写真3
黒澤様28歳女性症例治療前写真4 黒澤様28歳女性症例治療後写真4

☆治療解説☆

主訴は前歯2本の出っ歯の改善。
 中学生のころから「ウサギのように出ていた歯」が嫌だったそうです。

まずは上下ともに内側から歯列弓を広げるクワドヘリックスという装置を入れ、表側には一般的な形状記憶ワイヤーを入れて4ヶ月かけて前歯のデコボコを改善しました。(矯正装置の種類のページを参照ください。)

前歯が並んで来たら咬みあわせを改善していくためにマルチループワイヤー(MEAWワイヤー)と顎間ゴムを約3ヶ月使用しました。
 MEAWワイヤーで奥歯を後方に動かすことでスペースを確保できたので、前歯を内側に入れていく為にマウスピースで仕上げていきました。

治療期間は形状記憶ワイヤー(まっすぐのワイヤー)が4ヶ月で、MEAWワイヤーが3ヶ月、仕上げのマウスピースが約6ヶ月でトータルで13カ月で治療が終了しました。
 治療費は調整費なども含めてトータルで120万円かかりました。

矯正後に歯を固めるために、保定期間として3年は寝る際にマウスピースの使用は必要になります。(1年目は昼間も使用していただきます)
 MEAWワイヤーの時期は顎間ゴムの使用が必須であるため、見た目がかなり目立ちます。
 黒澤様は「1年経てば終わる!」と思いながら乗り越えて頂いたそうです。
 主訴であった歯の角度が改善し、仕上がりに大変ご満足頂けました。

☆出っ歯症例-M.H様 35歳 女性

● 治療前 ● ● 治療後 ●
MH様35歳女性症例治療前写真1 MH様35歳女性症例治療後写真1
MH様35歳女性症例治療前写真2 MH様35歳女性症例治療後写真2
MH様35歳女性症例治療前写真3 MH様35歳女性症例治療後写真3
MH様35歳女性症例治療前写真4 MH様35歳女性症例治療後写真4

☆治療解説☆

主訴は、前歯にすき間があること、出っ歯であることです。小さい頃から歯並びに悩んでいたそうです。「抜かない矯正」を希望して来院されました。

まずは下側には内側から歯列弓を広げるクワドヘリックスという装置を入れ、表側には一般的な形状記憶ワイヤーを入れて3~4ヶ月かけて前歯のデコボコを改善しました。(矯正装置の種類のページを参照ください。)

前歯が並んで来たら咬みあわせを改善していくためにマルチループワイヤー(MEAWワイヤー)と顎間ゴムを約3ヶ月使用しました。
 MEAWワイヤーで奥歯を後方に動かすことでスペースを確保できたので、前歯を内側に入れていく為にマウスピースで仕上げていきました。

治療期間は形状記憶ワイヤー(まっすぐのワイヤー)が3~4ヶ月で、MEAWワイヤーが3ヶ月、仕上げのマウスピースが約6ヶ月でトータルで13カ月で治療が終了しました。
 治療費は調整費なども含めてトータルで110万円かかりました。

矯正後に歯を固めるために、保定期間として3年は寝る際にマウスピースの使用は必要になります。(1年目は昼間も使用していただきます)
 ワイヤーやヘリックスがついている期間、特に慣れるまでの期間はお痛みや異物感があったそうですが、終わってみると早かった!と喜んで頂きました。

矯正装置の種類のページを参照ください